スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そば切 雨耕庵

2010. . 06
西区にある「そば切 雨耕庵」に行ってきました。

010_convert_20100804231247.jpg

011_convert_20100804231310.jpg

3年ぶりの訪問になります。2004年12月に開業した隠れ家的蕎麦屋です。

場所は、住宅街の中、札幌市西区西野6条5丁目5-25

店内は、テーブル(椅子)席の外に、茶室風小上がり2室有り、和風のこじんまりした感じが

妙に落ち着きをだしています。

012_convert_20100804231333.jpg

今回は、手前の掘りごたつの小上がりではなく、奥の茶室風の小上がりに座りました。

素朴な手書きのメニューからやはり二色もりを、家人が季節のダシ(冷)にしました。

017_convert_20100804231828.jpg

蕎麦は丼で供されます。こちらも2色にしてもらいました。

家人は、ぶっかけのように、辛汁をそのままかけていただいていました。

蕎麦の香りが、出汁をかけてもしっかりあるとのことでした。

013_convert_20100804231400.jpg

二色もりです。

浦臼町浅木農場産と仁木町の銀山で亀谷氏の作る牡丹の玄蕎麦を手挽石臼自家製粉して

外一で手打した蕎麦です。

丸抜きと田舎挽きぐるみが食べ比べられる蕎麦好きにはたまらない蕎麦です。

015_convert_20100804231445.jpg

丸抜きからいただきます。

丸抜きは、やや色のついた中細で、角の立ったみずみずしいそば

何もつけずに手繰ると、程よいコシで歯ごたえの良く、牡丹らしい香りと甘みがあり

喉越しも実にいい美味しい蕎麦です。

014_convert_20100804231422.jpg

次に、田舎挽きぐるみです。

かなり色の黒いホシの入ったこちらも中細の存在感のある蕎麦です。

相変わらず力強く、実に味が濃く、独特の甘味があり、牡丹蕎麦の風味がガツンと口中に広がります。

4か月間熟成したつゆは、節の香りが良く、生返しを使ったキレの良い辛めのつゆでバランスもよく好みです。

ところが、蕎麦の香りが、つゆに負けていない

野趣味溢れる蕎麦本来のうまさを実感できます。

018_convert_20100804231516.jpg

蕎麦湯は、訪問した時間帯がよく、濃いめの味でほっこりしました。

江戸前の蕎麦とは一線を画しますが、蕎麦の一大生産地の北海道が感じられるワイルドですが、

洗練された美味しいそばでした。

久しぶりの訪問でしたが、人柄の良い御主人の対応も好ましく感じます。

静かな空間で頂く蕎麦は、やはりいいものです。

一時の混雑もおさまったそうなので、また新そばの季節に必ず訪れたい。

そば切 雨耕庵 そば(蕎麦) / 発寒南駅
★★★★ 4.5



↓励みになりますので、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

misspepper
takaki11さま、こんにちは。
函館は歴史好きには魅力的な街でしたよ。
楽しい居酒屋にも出会えましたし・・いい旅でした。

今晩、教えて頂いた「BLANC 」に行きます。
ワインには詳しくないのですが、楽しみです!

今日は暑い上に、さっきから雷とともに激しい雨ですね。
住まいが大通りですのでお店まで晴れていれば歩いても近いのですがタクシーかな・・

ご了承も得ず申し訳ないのですが、美味しいお店をご紹介していらっしゃる素敵なブログですので、勝手ながらリンクさせて頂きました。
ご迷惑でしたら削除致しますのでご連絡ください。

では、今後とも宜しくお願い致します。
2010.08.07 17:29
takaki11
misspepperさん、おはようございます。

リンクありがとうございます。
函館楽しかったのですね。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
2010.08.08 09:27

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/544-a6153a7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。