スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国料理 侑膳

2010. . 21
北区にある「中国料理 侑膳」に行ってきました。

001_convert_20100615222221.jpg

場所は、札幌市北区北33条西12丁目4-16

海老シェフは、四川料理の父故 陳健民の「赤坂四川飯店」で四川料理を学び、

香港海鮮料理の名店「福臨門魚翅海鮮酒家」で広東料理を学び、帰国後、東京「天外天」の料理長をされ、

2001年に開業された凄腕中華シェフです。

侑膳は、「四川」と「広東」の2つの料理の良さを日本人に合うようにしています。

店内は、テーブル席に円卓で木のぬくもりあふれる明るく落ち着いた雰囲気。

日曜の午後に伺ったので、ランチセット1000円を選択しました。

土日のランチは四品から二品選べます。

家人と二人でしたので、全4種類を選択しました。

003_convert_20100615222135.jpg

ランチセット1人分です。この他に、からあげ、シュウマイ、食後にコーヒーが付きます。

スープは、中華のコーンスープです。

シャキシャキのコーンもたっぷりで玉子を溶いてあり、とろみのあるスープは塩加減も良く美味しい

008_convert_20100615222547.jpg

黄色いマスタードののった美味しい汁があふれ出す焼売と熱々の唐揚げに、ザーサイと棒々鶏が少量

オーソドックスな中華料理ですが、きちんと美味しいものを出してくれることがわかります。

004_convert_20100615221951.jpg

五目野菜の合え物です。

春雨と五目野菜を自家製中華ドレッシングで合えたもので、サラダ感覚です。

005_convert_20100615222354.jpg

麻婆茄子です。

ザクザクと切った茄子に挽肉たっぷりで自家製のラー油の辛味ある餡でからめてあり、

充実した茄子の味わいが美味です。

006_convert_20100615222426.jpg

鶏肉のネギ炒めです。

鶏、きのこ、葱他のバランスの良さを感じつつ、ローストがかなり強いカシューナッツが

いいアクセントを加えています。

火の入れ具合がよく、この店の実力を実感できる一皿です。

007_convert_20100615222511.jpg

海老とザーサイの炒です。

海老、インゲン、しめじ、ザーサイの塩炒めです。

海老がプリッとして弾ける食感がよく、ベーシックなものですが、きちんと美味しくいただけます。

009_convert_20100615222622.jpg

シンプルな杏仁豆腐。

クリーミーで甘く、杏仁の香りがほんわりとひろがります。

水っぽくなく、とろけるような口当たりもまずまずです。

久々にきて、ランチの基本的な料理も十分に美味しかったです。

今度は、絶品のスープチャーハンにタン麺や、

福臨門仕込みの海鮮を含めたコースで本格的な中華を堪能したいです。

後、今話題の食べるラー油もありました。

侑膳 (四川料理 / 新川、麻生)
★★★★ 4.0




↓ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/506-e34cbd5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。