スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<合掌造り茶屋>ほおの木

2010. . 03
十勝千年の森の中にある「ほおの木」に行ってきました。

010_convert_20100502103616.jpg

場所は、上川郡清水町羽帯南10線

009_convert_20100502103536.jpg

明治20年に富山で建設されたかやぶき屋根の合掌造りで、2004年に移築復元し

北海道では唯一の合掌造りです。

店内には靴を脱ぎあがります。

店内は、テーブル席、掘りごたつ席、奥には囲炉裏席もあり、

磨きこまれた黒光りする木のぬくもりのある落ち着いた空間です。

メニューは、ゴールデンウイークだからか、6種類に小丼が3種類でした。

この日は、GWということもあり、満席で、20分ほど待った後、堀ごたつ席に案内されました。

注文は、もりがなかったので、ざる大もり800円+250円とミニ豚丼400円、

家族が、そば定食1500円、ごぼう天定食1500円を頼みました。

012_convert_20100502103720.jpg

そば茶を飲みながら待ちます。

018_convert_20100502104029.jpg

運ばれてきたそば定食は、十勝にこだわった食材の総菜が付きます。

内容は、そばの他、鮭、豚のロースト、サラダに牛トロ丼です。

019_convert_20100502104143.jpg

牛トロ丼

020_convert_20100502104234.jpg

ごぼう天定食は、一番人気のごぼう天そばに、十勝名物の豚丼のセットです。

021_convert_20100502104319.jpg

ごぼう天そばは、帯広市の和田農園で作られた有機栽培のごぼうを使っていて、

甘味が強いものです。

015_convert_20100502103812.jpg

ざる大もりとミニ豚丼

017_convert_20100502103944.jpg

蕎麦は、裏山の芽室岳から出る湧き水を使い、自家栽培の清水町産キタワセの玄そばを

自社製粉して外一で打った、挽き立て打ち立て茹で立ての三たてのこだわりのそばです。

やや黒みがかった中太で、ややばらつきがありますが、そばの香りと甘みがありしっかりとした

コシもあります。

風味の良い有明産の海苔がかかっていますが、いらないぐらいです。

つゆは、濃厚で鰹の旨みが出たまろみのあるやや辛めのつゆです。

蕎麦とのバランスも良く美味しい

蕎麦湯は、やや白濁したそのままのさっぱり系です。

残念なことに、早くに出されたので堪能できませんでした。

016_convert_20100502103854.jpg

豚丼は、中札内産豚肉を国産の有機栽培大豆を使った濃い口醤油をベースに、

味醂や蜂蜜、玉ねぎ等を使って味付けしたもので美味しいですが豚肉の量が少なめでした。

それでも、店の雰囲気も良く、なかなか美味しいのでお勧めです。

<合掌造り茶屋>ほおの木 (そば / 羽帯)
★★★★ 4.0



  ありがとうございます。
↓1日1クリックよろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/466-29d5415a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。