スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・サンテ

2010. . 24
中央区にあるフレンチレストラン「ラ・サンテ」に行ってきました。

場所は、山の手通り沿い、中央区宮の森1条6丁目5-1 M1-6ビル2階

店名の「ラ・サンテ」はフランス語で健康を意味します。

窓が大きく開放感のある店内は、オープンキッチンのカウンターにテーブル席で、

カウンター添いの奥のテーブル席は茶色を基調にしたフローリングと壁で、

落ち着いたシックな雰囲気です。

アラカルトでもいただけますが、今回は7000円のシェフのお勧めコースにしました。

コースの内容は、

008_convert_20100322072430.jpg
グリーンピースのスープと桜海老のトースト

桜海老に香りと食感のよいトーストと、鮮やかなグリーンで目にも春を

を楽しませてくる一品でした。

009_convert_20100322072459.jpg
タラバガニ蟹と帆立貝とアボカドとグリーンピースのタルタル

ピリッと辛味の効いたタルタルに、海の素材の味が伝わり、アボガドの甘さがよく

ひとつひとつの素材ににシェフの思い入れが伝わってきます。

010_convert_20100322072521.jpg
ゆり根とフォアグラとトリュフの衣揚げ

見た目は、巨大トリュフチョコのようですが、割ってみると揚げイモのような衣の下に

散りばめられたトリュフ、ゆり根、中心にはフォアグラがタップリで、

口の中に幾重にも広がるハーモニーとホクッとした食感が良く、

ポルト酒とフランボワーズヴィネガーのソースとマッチもあり美味しい。

011_convert_20100322072550.jpg
カスベのソテー

北海道産のカスベ(エイ)を使った料理で、カスベは白身魚の旨味が濃く、

焦がしバターの風味が効いた濃厚な味わいです。

抜群の火加減でプリッとした弾力とカスベのしっかりとした旨味が閉じこめられています。

012_convert_20100322072620.jpg
アニスのハーブティーのグラニテ

013_convert_20100322072648.jpg
足寄・石田めん羊牧場のロースト

「ラ・サンテ」といえば、自分の中では日本一美味しい羊が食べられる店

品種はサウスダウン種と言い、肉用の羊の中で最も味のよいとされ、繁殖や生育が難しい希少なものです。

マトンとラムの食べ比べです。

マトンは、肉には少し硬さがありますが、香ばしい脂身にもうまさがギュっと詰まっていて

圧倒的な味わい深さがあります。

対して、ラムはピンク色をして、きめ細かい肉で柔らかく、すっきりした旨みです。

美味しい脂に肉。そのどちらも羊から滲み出たジュがなんともいえません。

美味しかったとか良かったとか単純な表現ではとても表すことができません。

014_convert_20100322072723.jpg
いちごのクリームブリュレとミルクジャムのシャーベット

香ばしいカラメルの下にいちごの果肉がたっぷり詰まっていて、濃厚ではなく

さっぱり目に仕上げられていて春らしい味わいです。

015_convert_20100322072747.jpg
プティフール

でした。

今回も、美味しく楽しいディナーを堪能しました。

「ラ・サンテ」は、非日常的なグランメゾンではないですが、肩肘張らずに気軽な雰囲気で

テーブルを囲め、夫婦や家族でなごやかに食事ができる美味しいレストランです。

ラ・サンテ (フレンチ / 西28丁目、円山公園)
★★★★ 4.5



  ありがとうございます。
↓1日1クリックよろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/412-fe557db3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。