スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Restaurant de TOMA

2009. . 12
中央区にあるフランス料理の「Le Restaurant de TOMA」に行ってきました。

場所は、市電通り沿い,中央区南1条西9-15 札幌南1条ビル B1F

地下にある店内は、カウンターとテーブル席があり、ブラウンとホワイト基調でシックで落ち着いた雰囲気

DSC00874_convert_20091210175458.jpg

当摩シェフは、「目黒雅叙園」「ウェスティンホテル東京」を経てスペインで修業された方です。

メニューは、1800円Aコース、2100円のBコース、2800円のCコースがあります。

やはり、ランチ Menu C - 2800円(税込み)をオーダーしました。

Cコースの内容は、アミューズ・前菜・スープ・魚料理・グラニテ・肉料理・デザート・小菓子・飲み物

DSC00876_convert_20091210175104.jpg

アミューズは、赤ピーマンのムースコンソメジュレ添え

コンソメの出来が素晴らしく毛蟹のほのかな甘さと渾然一体となって口の中に広がりますで美味しいアミューズ

DSC00877_convert_20091210175132.jpg

バゲットは、オリーブオイル&バルサミコ酢が付いています。

DSC00878_convert_20091210175159.jpg

サーモンのタルタル そば粉のブリニ添え

DSC00879_convert_20091210175231.jpg

新玉ねぎのスープ

フランもアクセントになっていて、2層スープとして楽しめ、ビロードのような滑らかさと舌触りが

とても滑らかで美味しいスープで心が癒されます。

DSC00880_convert_20091210175254.jpg

カジキマグロと宗谷産帆立の片面焼き 

真烏賊が添えられていて、帆立がプリッとしていて美味しい。

カジキマグロ自体はボリュームがありますが、素朴な味

ジュと合わせて美味しさを楽しみ、歯触りが楽しめる料理でした。

DSC00881_convert_20091210175319.jpg

グラニテ 

珍しいキュウリのグラニテです。ほろ苦さのある甘酸っぱさが、舌をスッキリ、リセットしてくれます。

DSC00882_convert_20091210175341.jpg

オーストラリア産子羊肉のグリエ

子羊の表面には、香草パン粉がつけられています。香草パン粉は、子羊の臭味を緩和します。

ソースは、ヴェルモットソースで、獣肉臭さを緩やかにし、旨味を引き出しています。

付け合わせは、ソテしたアブラナとグリエしたジャガイモでした。

DSC00883_convert_20091210175405.jpg

デザートは、チョコレートタルトアイスクリームのせ 

さらに上にのっていた栗のガレットとバニラアイスを合わせると栗の香りが広がり美味しいものです。

DSC00884_convert_20091210175434.jpg

プチフールと紅茶

紅茶はアールグレイでした。

一品一品丁寧に作られ、訪れるたびに美味しくなっていて、シェフの努力が感じられます。

コストパフォーマンスの高い料理を提供している、かなり値打ちを感じるレストランでした。

最後には、シェフ自ら丁寧に見送りもしてくださりすごく好感が持てます。

ただ、フルコースの場合、ランチでもゆったり2時間位の時間が必要です。

Le Restaurant de TOMA (フレンチ / 中央区役所前、西8丁目、西11丁目)
★★★★ 4.0



  ありがとうございます。
↓1日1クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

banner_04.gif
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/331-dbf22077
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。