スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーベルジュ・ド・リル トーキョー

2009. . 08
港区西麻布にある「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」に行ってきました。

IMG_0290_convert_20091006155224.jpg

フランス・アルザス地方で三ツ星42年を誇る名店「オーベルジュ・ド・リル」が、

昨年の名古屋に続き、ついに東京に初進出したレストランです。

ミシュラン東京2009で一ツ星を獲得しました。

店内は、18世紀英国のジョージ王朝様式を忠実に再現した邸宅で、ゆったりとした造りです。

LE MENU DE L'AUBERGE DE L'ILL ¥16,800をオーダー

スペシャリテの鵞鳥のフォアグラのテリーヌ オーベルジュ・ド・リル風が食べたかったので、

オマール海老のサラダ仕立ての変わりにコースに組み込んでもらいました。

内容は、

IMG_0281_convert_20091006154720.jpg

アミューズ3種

フォアグラのコロッケ、スモークサーモンのシュー、小さなピッツア

IMG_0282_convert_20091006154749.jpg

ソバ粉のパン ライ麦のパン 

IMG_0283_convert_20091006154829.jpg

鮎のコンフィー 冬瓜のジュレ 肝のタップナード

IMG_0284_convert_20091006154906.jpg

鵞鳥のフォアグラのテリーヌ オーベルジュドリル風

IMG_0285_convert_20091006154943.jpg

天然真鯛の低温キュイ フロマージュとハーブのスティック プロヴァンスの香り

IMG_0286_convert_20091006155016.jpg

特選仔牛フィレ肉とリドヴォーのポワレ

ノワゼットとカフェのクルート ジロールのソテーとそのジュー

IMG_0287_convert_20091006155049.jpg

フランス産チーズ

IMG_0288_convert_20091006155124.jpg

プレデセール

IMG_0289_convert_20091006155152.jpg

リル川に浮かぶグラスのバルケット

IMG_0292_convert_20091006155327.jpg

小菓子
IMG_0293_convert_20091006155358.jpg

小菓子
IMG_0291_convert_20091006155258.jpg

エスプレッソ

でした。

印象に残ったのは、やはり、アルザスといえばフォアグラ、

<鵞鳥のフォアグラのテリーヌ オーベルジュドリル風>が一番でした。

フォアグラは、目の前で壷より、テリーヌを皿に取り分けます。

鵞鳥のフォアグラは、濃厚で繊細、口で広がりながら溶けていく感じです。

付け合せのジュレとの相性も良く、料理と同時にサーブされるブリオッシュと

サービスのソーテルヌとのマリアージュが何ともいえず絶品でした。

フォアグラのテリーヌは別格で、これだけで十分価値がありました。

あとは、特選仔牛とリドヴォーのポワレ

特選仔牛フィレ肉は、やわらかくて、肉の旨味も十分で、リードヴォーと合わせると食感が良く、

ガル二のジロール茸と珈琲味のソースでフィレ肉にアクセントがプラスされ飽きずに食べられます。

個人的には、鮎のコンフィーには、もう少しまったりした感じが欲しかったです。

あと、デセールが印象弱いところが残念でした。

料理は日本の食材を巧みに使い、全体的に現代的な流れを控えめに取り入れたものですが、

一つの皿に様々な食材が組み合わされ、洗練された仕上げになっていました。

ただ、グランメゾンとしては、サービスが、少し目配りが足りない気がしました。

オーベルジュ・ド・リル トーキョー (フレンチ / 六本木、乃木坂、麻布十番)
★★★★ 4.0



 ↓ポッチっとお願いします。↓
banner_04.gif

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/261-bcf390a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。