スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京料理 うなぎ 先斗町 いづもや

2016. . 03
京都市にある「京料理 うなぎ 先斗町 いづもや」に行ってきました。

先斗町 いづもや

場所は、四条大橋のたもと、京都市中京区先斗町通四条上ル

納涼床を楽しむために友人達4名での訪問です。

先斗町 いづもや

案内されたのは、川沿いの眺めのよい場所で、鴨川からの風が心地よく感じられます。

頂いたのは、納涼懐石 竹(8,000円) のコース料理です。

先斗町 いづもや

先付けと八寸です。

先付けは、胡桃豆腐です。

八寸は、子持昆布白酢和え、クコの実、鯖小袖寿司、鶏肝松風、柿玉子 
     
いちょう丸十 、アボガド紅葉で、味の方は、まあ、ごく普通という感じです。
  
先斗町 いづもや

向附は、刺身4種盛りで、鯛、鮪、平目、烏賊でせんどはそこそこという感じです。

先斗町 いづもや

鱧鍋で、季節柄か、松茸が入っています。

先斗町 いづもや

床で食べるので、この時期の鍋でも、暑さを感じず食べられたのは良かったです。

先斗町 いづもや

焼き物は、魴幽庵焼です。

ホウボウは、京都らしさを感じられます。

この後、蒸物としてこの季節を感じられる甘鯛萩蒸し、

揚げ物として車海老みのむし揚げがありました。

先斗町 いづもや

酢の物は、蟹と秋刀魚の黄味酢掛け

旬な秋刀魚と蟹に、鮮やかな黄身酢の色にいくらがアクセントになっています。

先斗町 いづもや

飯物としてミニ鰻丼です。

いづもやは、うなぎ屋さんですので、ミニとはいえ国産うなぎを関東風で

いただけるのは嬉しい。

〆のデザートは、梨と葡萄ワイン寄せでした。

先斗町 いづもや

天候が心配でしたが、雨に降られることなく、季節感のある料理を、

この時期ならではの納涼床で雰囲気よく味わえたのは良かったです。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

yutkun
こんにちは

おお先斗町行ったんですね
実家からそう離れてませんよ

最近帰ってませんが
鱧鍋なんて聞くと・・・食いたくなります

夏場のバッテラも美味かったな・・・

祇園祭時はキュウリ食べないとか・・いろいろ変なしきたりもありましたが
懐かしい限りです

2016.10.04 13:45
takaki11
yutkunさん、こんばんは

実家は京都ですか、情緒があって良いですね。
やはり、鱧は美味しいですよね。
京都は季節感を大切のされているので、時期の美味しいものは格別ですね。

祇園祭時はキュウリ食べないんですか?
京都だと古都だけに、昔からのしきたりなど色々あり、
守られている人も多いんでしょうね。
2016.10.08 15:52

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/2177-aa3d87c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。