スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎおん 阪川(3)

2016. . 30
京都にある「ぎおん 阪川」に行ってきました。

ぎおん 阪川

京都に来た時には、行きたい店ですが、何しろ人気店で予約が取りづらく、

友人達と3名で1年半ぶりの訪問になります。

場所は、京都市東山区祗園町南側570-199

店内は、L字の白木のカウンターに個室で、京都の割烹らしいすっきりした佇まいです。

料理は、カウンターに座って、割烹らしくお好みでいただくことにしました。

ぎおん 阪川

まずは、突き出しで、煮こごりに鯛の刺身に山芋のトロロ上にグレープフルーツです。

カウンターに座り料理が始まると、なんとなく京都に来た実感が湧きます。

ぎおん 阪川

造りの盛り合わせ

中とろ、生うに、剣先いか、鯛の4種で、トロは脂が良くのり、雲丹は甘く、

鯛はしっとり、剣先烏賊は、パッリとした海苔で巻き質の良さが良くわかります。

ぎおん 阪川

鱧の焼き霜です。

やはり絶妙で身は柔らかくて甘い香りのある鱧はここでしかいただけないものです。

ぎおん 阪川

ついで、鱧の炭火焼

目の前で大将が手ずから焼いてくれます。

ぎおん 阪川

さっくりと鱧を炙って、香ばしく、甘い鱧を、酢橘の効いたポン酢で夏の終わりを爽やかにいただきます。

ぎおん 阪川

そのまま七輪で、松茸を焼いていただきます。

この日は、長野産で風味たっぷりで割いてゆっくりと味わいます。

ぎおん 阪川

湯葉煮です。

これも京都らしい料理で湯葉を細かく刻んで煮汁とともにゆったりといただきます。

何気ない料理にも上品に仕上げられています。

ぎおん 阪川

ノドグロの炭火焼き

脂がとてものっていて、皮目がパリパリした食感良く美味しい。

骨周りまできっちりといただきます。

ぎおん 阪川

加茂茄子の田楽

加茂茄子を一番ポピュラーな食べ方でさっくりといただきます。

ぎおん 阪川

松茸と鱧のフライ

大きな松茸でフライにすると、旨みが凝縮され、噛んだ時の歯ごたえと口に広がる風味が愉しめ、

天ぷらよりもフライが自分では好きです。

鱧も大きなフライで、ソースか塩でいただきますが、松茸にソースの組み合わせは、

良く合います。

ぎおん 阪川

松茸と鱧の土瓶蒸し

たっぷりの鱧と松茸で、優し目の出汁が鱧のほのかな味わいと、松茸の風味を引き立てて

素直に美味しい

ぎおん 阪川

若狭ぐじの塩焼き

皮目は香ばしく焼き上げられ、塩梅も良い美味しいぐじでした。

こちらも、丁寧に、骨周りを綺麗に最後まで美味しくいただきました。

ぎおん 阪川

締めに鯛茶漬けをいただきます。

ここの鯛茶も絶品で、目の前で刺身用の鯛を切り出し、さっと和えて胡麻と出汁をかけて頂きます。

〆まで美味しいので美味しさの余韻が残ります。

松茸に鱧という高級食材を、いろいろと楽しみ、板前割烹の醍醐味を充分堪能出来た贅沢な晩餐でした。

だいぶ先になりますが、次回の予約をしていただき、店をあとにしました。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

ryuji_s1
takakiさん
おはようございます
ぎおん 阪川
オシャレな割烹料理
おいしそうですね
素晴らしいお店ですね
2016.10.01 08:27
takaki11
ryujiさん、こんにちは

ここは、京都で一番好きなお店で、
機会があれば行くことにしています。
料理も美味しいですし、ご主人の優しさが良いです。
2016.10.03 12:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/2175-a09dc6b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。