スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅 230ルスツ

2016. . 12
「道の駅 230ルスツ 」に行ってきました。

230ルスツ

宿泊のホテルのそばで、昼食で寄ってみました。

場所は、国道230号沿い、虻田郡留寿都村字留寿都127番地

店内は、テーブルがあり、道の駅ですのでセルフサーヴィススタイルで開放的な空間です。

注文は、新そばの幟も見かけたので、ざるそば(680円)にしました。

230ルスツ

蕎麦は、ボリュームは少ないですが、想像していたのとは違い、新そばらしい淡い鳶色をして、

田舎そばではなく、中細の手打ちそばです。

薬味は、ワサビと刻みネギです。

230ルスツ

道産の蕎麦粉を使った、二八と思割るそばは、きっちり水切りされ、香りもあり、歯切れも悪くありません。

つゆは、薄目でやや甘めで、コクが感じられません。

蕎麦と梅雨のバランスが良くないのが残念でしたが、蕎麦自体はそのまま食べてもいただけるものでした。

230ルスツ

蕎麦湯があるとは言われませんでしtが、聞いてみるとあるとのことでいただきました。

時間的なものか、ほど良いトロミが有り、そばの風味を楽しめるものでした。

道の駅で期待していませんでしたが、外に蕎麦小屋もありましたので、そちらで打たれているのか

案外美味しい蕎麦を楽しめました。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/2164-d61f56b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。