スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店

2015. . 15
岩手県盛岡市の「ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店」に行ってきました。

ぴょんぴょん舎

盛楼閣が改装中といことで、宿泊先のホテルからすぐのこちらになりました。

地元の友人としては、盛岡以外にも店舗があるぴょんぴょん舎より、盛岡にしかない盛楼閣が良かったようです。

場所は、岩手県盛岡市 盛岡駅前通9−3

店は、1階から3階まで、全250席と言う大型店で、すでに1階は満席ということで、

明るく開放的な2階のテーブル席に案内されました。

ぴょんぴょん舎

友人と久しぶりの再会を祝して生ビールで乾杯です。

ぴょんぴょん舎

まずは、ナムルの盛り合わせ

ほうれん草、もやし、人参、ゼンマイ、大根の5種が彩よく盛られています。

ぴょんぴょん舎

テーブルの上の焼き台はガスグリルに丸型の鉄板です。

ぴょんぴょん舎

おすすめメニューの岩手産の松茸

3500円という値段の割にしっかりとした量があり、香り柔らかさともにまずまずなものでした。

ぴょんぴょん舎

ホルモン5点盛りは、コプチャン、ハツ、コブクロ、ミノ、豚ホルモンです。

ホルモンは、脂もしっかりして、臭みが全くなく良い処理をされていて、コプチャン(丸腸)が特に美味。

ぴょんぴょん舎

特選5点盛りは、上タン、上ハラミ、特選カルビ、特選ミスジ、いわて短角牛です。

上タンは、適度に霜があり、特選カルビはさすがの脂の入り方で、上ハラミは凝縮した肉質が良い感じです。

ミスジは赤身でありながら適当に脂がはいる希少部位です。

それらを差し置いていわて短角牛の赤身が不思議と一番ジューシーで美味しい

ぴょんぴょん舎

サンチュは、しっかりして歯ごたえがよく、食べ放題というのもありました。

ぴょんぴょん舎

追加で、前沢牛、いわて短角牛、雫石牛の岩手三昧をいただきます。

細かい霜降りの前沢牛、先程も食べた、赤身と適度な霜の雫石牛ですが、

やはり、いわて短角牛の柔らかくジューシーな美味しさが好みです。

ぴょんぴょん舎

友人の好きな上ミノを

ぴょんぴょん舎

焼き肉の最後に、脂ぽくない上ハラミをいただきます。

ぴょんぴょん舎

家人注文のピピン冷麺です。

みじん切りにしたタマネギをたっぷり使われていて、見た目すごく辛そうですがやさしい甘さを感じるそうです。

ぴょんぴょん舎

自分の〆は、やはり盛岡冷麺の辛さ普通をいただきます。

具は、キムチ、牛肉、リンゴ、ゆで卵で、スープに半分キムチが混ざってきています。

流石に非常に完成度の高い冷麺で、強いコシだがもっちりとした食感と酸味と辛味のあるキムチとの

バランスが何ともいえません。

友人曰く、地元の人は別辛で食べ、牛骨スープを味わった後に、キムチを足していくそうで納得です。

混んでいましたが、スタッフのサービスもよく、明るく居心地の良い雰囲気の中、楽しい食事でした。

ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店冷麺 / 盛岡駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/2015-cf7d809d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。