スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳家(3)

2015. . 20
岐阜県にある「柳家」に行ってきました。

柳家

半年ぶりの訪問で、今回は旬の天然鮎を味わうための訪問です。

場所は、名古屋から電車で1時間、駅から20分ほどの住宅街の奥、岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27

今回も、友人夫妻の計らいでお店の方に往復送迎していただきました。

110年前の古民家を移築した店内は、各個室に分かれているようで、今回案内されたのは

左奥にあるの囲炉裏テーブルで堀ごたつになった趣のある和室です。

柳家

付知川(つけちがわ)天然鮎塩焼き

到着する前から火にかけられている鮎は、卵を持つ前の最高サイズで25cmほどある最高のものです。

柳家

定番の蜂の子の甘露煮です。

柳家

頭と骨を丸ごと食べられるようにじっくりと火を通した鮎は、1尾200gほどあり、これだけで400gで

小食だとここで満足してしまいそうです。

蓼酢を付けて、頭からかぶりつき、鮎が香魚と言われる所以がよくわかります。

柳家

皐月鱒のお造り

少し旬から外れていますが、なかなかの脂ののりで旨味がしっかりしています。

柳家

松茸です。

旬には早いですが、出てくるだけで嬉しいです。

柳家

鮎と松茸の香りの共演です。

柳家

鮎3尾目は、少しサイズダウンしていますが、それでも20cmほどあります。

こちらは、田楽味噌でいただきます。

濃い目の味の味噌でいただくと日本酒によく合います。

ここで頂いた日本酒も鮎用に作られたそうで、よく合うのも当然でした。

柳家

奔りの焼き松茸は、香りは幾分弱いですが、それでも十分に楽しめます。

柳家

ここで趣向を変えて天ぷらを頂きます。

天ぷらは、手長エビとドジョウで、軽い揚げ具合です。

柳家

この時期では、珍しい脂たっぷりの猪です。

ここでは、やはり肉を食べない路物足りなさを感じてしまうそうで、御主人が良い所を揃えてくださりました。

柳家

肉料理に合わせて、口直しに山菜の盛り合わせです。

柳家

猪肉は、脂の甘味はきっちり感じますが、赤身はさっぱり目でこの時期には食べやすいものでした。

柳家

次いで、仔鹿のロースです。

柳家

臭味のない仔鹿のロースには、脂ののりがありますが、時期的には冬場には敵いませんが、十分に美味

柳家

この時期に外せない、矢作川天然鰻蒲焼です。

柳家

うなぎの大きさで、淡泊なものから、少し泥臭いが脂の乗ったものと、3匹それぞれの違いを味わえました。

鰻の脂は、冬場が一番ですが、どうしてもこの時期にも食べたくなります。

グルメの友人達の会話で、養殖は99%オスで、天然物は、オスメス半々とのことで、

ストレスがないメスが絶対美味しいとのことで、今まできにしていませんでしたが、

機会があれば食べ比べてみたいものです。

柳家

〆はアユ雑炊は、なんと松茸入りです。

柳家

鮎の旨味がたっぷり溶けた雑炊は、ほんのりと松茸の香りも,足ささり最後を締めるのにふさわしいものです。

柳家

この日いただいた、飲み物は、シャンパンからはじまり、日本酒、ブルゴーニュと続きどれも料理によく合っていました。

柳家

最後に水菓子

夏の暑さの中での囲炉裏料理で、北海道に住んでいる自分には、きつかったですが、

今回も、暑さを吹き飛ばすほどの感動の料理でした。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

トトロ
すごいの一言につきますね
私も来週余市の鮎を食べに行ってきます
初めてなんですがtakakiさん行ったことありそうですねー
数週間前にデパートの上で鮎が天ぷらで出てきましたが
土臭くて美味しくなかったんですが余市のは美味しいといいなー
2015.08.22 10:20
takaki11
トトロさん、こんばんは

余市は、鮎の北限ですよね。
おっしゃるように昔、食べに行ったことがあります。
ただ、同じ店でジンギスカンもやっていて、普段は好きなジンギスカンですが、
その時は、辟易しました。
今は、お店も多いようですし、美味しいといいですね。
2015.08.24 23:24

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1976-aa109cc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。