スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RISTORANTE TERZINA(リストランテ テルツィーナ)(2)

2015. . 04
中央区にある「RISTORANTE TERZINA(リストランテ テルツィーナ)」に行ってきました。

7年ぶりの訪問で、安戸氏が支配人になられたとのことで行ってみました。

場所は、札幌市中央区南二条西1 アスカビル 2F

店内は、ダークブラウンとホワイトを基調としたオリジナルのソファー席があるモダンで落ち着いた空間です。

頂いたのは、10000円のMenu Cのコースです。

テルツィーナ

まず初めに、カリフラワーのムース ウニのソースとコリアンダー

まろやかな口あたりで爽やかさの中に、ウニの濃厚さがアクセントになっていました。

テルツィーナ

“生ハムメロン”スープスタイル サンブーカのジェラティーナ

この時期らしい生ハムメロンのスープ仕立てで、サンブーカのジェラティーナの香りを加え、

甘さを感じる優しい冷製スープという感じです。

テルツィーナ

本マグロのクルード トロペア産赤玉葱とコラトゥーラ

程よく脂ののったマグロに赤玉ねぎがったプリ載っています。

魚醤油であるコラトゥーラは当然マグロに合い、コクを与えています。

テルツィーナ

毛蟹と真イカ、キュウリのアーリオオーリオ フェデリーニ

アーリオ・オーリオの味は突出せずまろやかで、細めのスパゲッティであるフェデリーニを使った

夏らしい旬を感じるパスタです。

テルツィーナ

知床鶏のサルシッチャとトウモロコシ、ポルチーニ茸のリゾット

香りのよいボルチーニ茸に旨味と塩分のあるサルシッチャソーセージ、甘みたっぷりのコーンで、

ベースの出汁の良さを感じるリゾットの歯ごたえも良く、それぞれの食感が楽しい

テルツィーナ

ブルターニュ産仔鴨胸肉のアロースト ジロール茸とロマネスコ

鴨は素晴らしい火入れで赤身のジューシーさが良く、皮はバリッと焼かれています。

ジュのソースに、バルサミコ

付け合せの香りのよいジロール茸にこの頃よく見かけるロマネスコでした。

テルツィーナ

フロマージュ

赤ワインが残ってしまったので別会計で熟成感のあるチーズもいただきました。

テルツィーナ

デザートは、余市産ブルーベリーのジェラティーナとココナッツのジェラート

酸味のあるベリー系に甘み抑え目のジェラードでさっぱりと

テルツィーナ

小菓子にコーヒー

定番の自家製生チョコレートは、好みの分だけいただけます。

季節で変わっているのは今まで知りませんでしたが、1粒が濃厚で美味しい

料理は、いかにもリストランテらしい一品が少なめで繊細さのあり、上品なコースでした。

安戸支配人の洗練されたサービスが居心地よく、しっとりと良い時間を過ごした気がします。

前回はこちら

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1966-f3c3c965
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。