スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉園花牛(13)

2015. . 07
清田区にある「焼肉園 花牛」に行ってきました。

3ヵ月ぶりの訪問です。

場所は、国道36号線から少し入った、札幌市清田区清田2条3丁目1-50

店内は、無煙ロースターのついた半個室風の椅子席でシックでゆったりとした雰囲気の焼肉店です。

焼肉園花牛

まずは、生ビールで乾杯です。

焼肉園花牛

好きな厚切り牛タンに、綺麗なサシの入った和牛サーロインです。

焼肉園花牛

厚切り牛タンは、1枚が厚さもありますがしっかりした大きさもあり、ジューシーで食感の良く美味しい

焼肉園花牛

白菜キムチ、カクテキ、オイキムチの3種盛りです。

酸味はそれほどでもなく、食べやすくて美味しいものです。

焼肉園花牛

ナムル盛り合わせは、エノキ、もやし、にら、大根の5種です。

胡麻の風味が良く、あまり好きではない大根ナムルも酸味がきつくなく食べやすいものでした。

焼肉園花牛

ホルモンは白く新鮮で、独特なクニクニした淡白な美味しさはやはりビールに合います。

焼肉園花牛

サンチュ盛り合わせは、サニーレタス、パオサイ、エゴマの葉など種類が豊富で、特製味噌も甘くコクもあり、

焼き肉をさっぱり食べれるので嬉しい

焼肉園花牛

特上サガリは、さすがの柔らかさでは充実した赤身の旨みがたっぷりで、

この日一番美味しいものでした。

焼肉園花牛

花牛サラダは、山盛りの大根サラダに韓国海苔の風味がよく、箸休めにさっぱりと食べられます。

焼肉園花牛

上カルビ、ニンニクや果実の甘みを感じるタレが、軽く炙って食べると口当たりも甘くジューシーですが、

歳のせいかあまり食べられなくなりました。

焼肉園花牛

ミックスホルモンです。

食感の良いミノにやはり、好みの牛ほほ刺しが、赤身の歯ごたえがよく、

煮込みで食べるよりダイレクトに旨味を感じられます。

焼肉園花牛

冷麺は、歯ごたえが良い麺に冷たく旨味のしっかりしたスープで冷麺の美味しい季節になったことを実感します。

焼肉園花牛

最後にオレンジシャーベットでさっぱりと、焼き肉を締めます。

焼肉園花牛

ここから2次会モードにいつもの様に移ります。

赤1本めは、Fattoria di Magliano Heba Morellino di Scansano( ファットリア・ディ・マリアーノ・エバ)2010

イタリアワインで、果実味の強いフレッシュで飲みやすいワインでほのかに感じるスパイス香が心地よいワインでした。

焼肉園花牛

チーズ盛り合わせ

ブルー、カマンベール、クリーム、スモークの盛り合わせで、まあ熟成感などは望めませんが、

焼肉店で出してくれるだけで嬉しいものです。

焼肉園花牛

2本目は、Laroche Clauzet(ラロッシュ クローゼ)2010

ベリー系の果実味があり、ヴァニラのような木樽の香りで、タンニンが柔らかく酸味は落ち着いた感じで

1本めよりは、少し重めですが、口当たりが優しい飲みやすいワインでした。

焼肉園花牛

3本目は、Las Moras Black Label Cabernet Cabernet(ラスモラス ブラックラベル カベルネ)2012

カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランのアルゼンチンワインです。

黒系の果実か感じられ、凝縮感がしっかりと感じられ、しっかりとしたフィニッシュがある

最後に飲むのにふさわしい飲みごたえあるワインでした。

いつもながら結局5時間もゆったりとしてしまいましたが、美味しい焼肉と手頃なワインで会話も弾み

楽しい時間を今回もすごせました。

前回はこちら

     ↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

 
スポンサーサイト

comment

ryuji_s1
takakiさん
焼肉園花牛
素晴らしいお店ですね
食させ活かせ凄く良くて
楽しめますね
2015.07.07 15:54
takaki11
ryujiさん、こんばんは
ここの焼肉が好きです。
スタッフの対応もいいですし、肉も美味しいですし、
おまけに融通が聞いて言うことなしです。
2015.07.07 21:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1951-a6b308b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。