スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道フレンチ「ラ・ブリック ](La Brique)(12)

2015. . 22
中央区にある「北海道フレンチ「ラ・ブリック (La Brique)」に行ってきました。

ラ・ブリック

2ヶ月ぶりの訪問です。

今回は、幻のグランクリュのアッサンブラージュCUVEE「エサンスessence」をメインにしたディナーに

参加しました。

店内は、48席でカウンターも有り、明治9年から積み上げたレンガ(ブリック)に、

モダンなスカンジナビアティストを散りばめた設えだそうで、開放感のある空間です。

ラ・ブリック

まず初めは、シャンパン から

CATTIER BLANC DE BLANCS PREMIER CRU BRUT(キャティア ブラン ド ブラン ブリュット)です。

シャルドネ種のみを使って造ったシャンパンは、すっきりしてフレッシュな味わいです。

ラ・ブリック

アミューズは、蕪のブルーテ

中にはコンソメのジュレ、上に毛蟹のみが載っています。

なめらかな口あたりのブルーテは、シャンパンによく合います。

ラ・ブリック

真鯛のポワレです。

下にグリーンアスパラが敷かれ、ソースは蕗の茎のソースのエスプーマ

ワインは、CH.LA GARDE BLANC(シャトー・ラ・ガルド・ブラン)2012

ソーヴィニヨン・ブランが50%、残りの50%はソーヴィニョン・グリのワインは

ボルドーの白はあまり好みでない自分にも、白桃の香りと重厚感が有り、

淡白で、さっぱりとした味わいの鯛にもよく合っていました。

ラ・ブリック

フレッシュなフォアグラのソテーです。

紫と白の真狩産の越冬人参が添えられていて、王道のペリグーソースにオレンジのソースです。

ワインは、CH.LE BOSCQ(ル・ボスク)2011です。

メルロが多めなので、タンニンがソフトで強すぎない酸味、柔らかくフルーティーな味わいで飲みやすい。

ラ・ブリック

メインは、マグレ・カナール

赤に近いロゼ色で自分には少し火が入りすぎている感じで、独特の鉄分を感じます。

グリーンピースとレンズ豆、燻製香を纏ったベーコンの付け合せに、ジュを使った赤ワインソース

ワインは2種類で

格付け5級の Chateau Belgrave(シャトー・ベルグラーヴ)2011

Essence de Dourthe(エサンス・ド・ドゥルト)2009です。

ベルグラーヴは、香りよく滑らかな口あたりで上品な味わいです。

メインのエサンスは、複数の村のトップワインを絶妙にブレンドされたワインで味、香り、コク、余韻が長く、

非常にバランスが良く、ゆったりと味わうと幸せな気分に浸れるワインでした。

ラ・ブリック

デザートは、ヌガーグラッセ

軽いアイスクリーム仕立てになっていてさっぱりといただきます。

最後に、デザートワインでKRESSMANN SAUTERNES(クレスマン・ソーテルヌ)2013

まだ若いので甘さ抑え目でさわやかな果実味が印象的なソーテルヌワインでした。 

ラ・ブリック

小菓子と珈琲

という内容でした。

ルメグ・ジェレミ氏と、東京から「ヴィオニス」のオーナーソムリエの阿部誠氏がワイン1種類づつ丁寧に

説明して下さり、いつもよりワインの美味しさも一入でした。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

スポンサーサイト

comment

ジャム
こんばんは、お邪魔します。
どれもおいしそうです(^_^)
おしゃれで豪華で、浦うましいなあ♪
2015.05.23 21:22
takaki11
ジャムさん、はじめまして
ご訪問頂きありがとうございます。
イベントで、料理ワインとも良く楽しいひとときでした。
また、お時間のあるときにでも見に来てくださいね。
2015.05.25 23:35

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1916-7abc8144
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。