スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いづう

2015. . 02
京都にある「いづう」に行ってきました。

いづう

天明元年(1781)の創業の京都の鯖寿司の発祥のお店です。

初めて、行ったのは美味しんぼで「柔らかい酢」というテーマを読んで行きたくなった20数年前ことで

今回で4回めの訪問になります。

場所は、京都市東山区八坂新地清本町367

店内は、テーブル席に奥に茶室があるこじんまりとした質実な佇まいで、峠の茶屋風な空間ですが

歴史に重みを感じます。

注文は、鯖寿司だけでは味気ないので、京寿司盛り合わせ(3510円)にしました。

いづう

京寿司盛り合わせは、鯖寿司、箱寿司、太巻きの盛り合わせになり、

小さめの皿に綺麗に盛り付けられ、なんとなく歴史を感じます。

まずは、鯖寿司、昆布を外していただきます。

肉厚の鯖は、時期的なものか脂の乗りが今1歩という感じでしたが、寿司飯は酸味甘味ともしっかりして

風味が見事に溶け合い、さすがに重厚感のあります。

箱寿司が小鯛、伊達巻、海老、穴子で、 どれもアッサリとして上品な味わいです美味しいですが、

やはり鯖寿司が一番美味しく感じました。

1人前が少なそうですが、押しずしですので、凝縮されていますので満腹になります。

久々にゆったりと老舗の鯖寿司を楽しめました。

いづう京料理 / 祇園四条駅三条京阪駅三条駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

ユキヒロ
古い歴史では京都ならではですね。

最近は輸送の技術も発達して、鮮度の良い鯖は
どこでも食べられますが、美味しく食べれるお店は少ないです。

分厚い鯖だなあ…、
箱寿司は食べた事ないです。
2015.03.02 11:29
ryuji_s1
takakiさん
いずうの鯖寿司
美味しいですね
大好きです
2015.03.02 13:42
takaki11
ユキヒロさん、こんばんは
ほんとに輸送技術が発達していますよね。
物産展なんかもすごいですよね。

やはり本店は雰囲気があるせいか、美味しく感じます。
箱寿司は、大阪で食べたことがありますが、ここでは初めてですが
凝縮した味という感じでした。
2015.03.02 20:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1856-ff40438a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。