スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行5日目

2014. . 17
5日目は、特に予定もなくのんびりと8時過ぎに起床です。

フランス旅行 5日

朝食は、ホテル1階にある「ファースト,レストランブドワールパリ」です。

フランスらしいバロック様式でシックで落ち着いた雰囲気です。

バッフェ形式の朝食で、結構種類が豊富で楽しめます。

フランス5日目

しっかり目の朝食で、こんな感じでいただきました。

フランス5日目

少し部屋でのんびりとした後、エトワール凱旋門にメトロでいきました。

折角ですので、凱旋門に入場することにしました。

フランス5日目

途中の広場にある胸像です。

他に「無名戦士の墓」を見下ろせるライブカメラや、「戦争と平和・凱旋門が語る歴史」をテーマとした博物館を

見ることができます。

フランス5日目

戦士らしい像もあります。

フランス5日目

凱旋門の屋上から見えるエッフェル塔側のパノラマです。

凱旋門の屋上までは螺旋階段で登り、高さは約50メートルあります。

日本のビルで約12階分で結構な運動量があります。

フランス5日目

シャンゼリゼ大通り側の風景です。

フランス5日目

その後は、そのままシャンゼリゼ大通りをかいものがてらのんびりと散策します。

フランス5日目

お土産も買い、少し雨が強くなってきたので、メトロでホテルに戻りました。

フランス5日目

夕食は、パサージュの中にある「パサージュ53」にいきました。

ミシュラン2ツ星で日本人の佐藤伸一シェフのレストランです。

以前札幌のエノテカでシェフをされて以来で10数年ぶりに料理をいただくのを楽しみにしていました。

レストラン自体はこじんまりとして白を基調にして明るく落ち着いた雰囲気です。

フランス5日目

まずは、シャンパンから

フランス5日目

スープは、コンソメで良い香りで食をそそります。

フランス5日目

アミューズは、フォアグラの上にプリッとした牡蠣上には牡蠣の旨みを吸ったジュレで多い、

野菜が散りばめられています。

フランス5日目

鮑のソテーにニョッキでカプチーノ仕立てになっています。

フランス5日目

魚料理は、低温調理された舌平目でしっとりとして美味です。

キノコが、白シメジでしたが、日本から持ってきているのか、こちらにもあるのか疑問です。

フランス5日目

魚料理2皿目は、ホタテのソテーで60ユーロプラスでたっぷりの白トリュフがスライスされています。

半端ないトリュフの香りがなんとも言えず、しっとりとしたホタテの仕上げ具合が絶妙でした。

フランス5日目

肉料理1皿目は、鶏で皮目パッリとしてこちらもジューシーで美味しく、クリームソースとで美味しくいただきます。

フランス5日目

肉料理2皿目は、鹿でマデラソースです。

鹿肉は、ヒレの部分を使っているのか柔らかく、ソースを合わせてもなんとなく物足りない感じで得した。

普段、鹿肉を食べる機会が多いからかもしれません。

フランス5日目

口直しのソルベ

フランス5日目

デザートは、3種類で、モンブランが大人の甘さで好みでした。

フランス5日目

食後に、エスプレッソではなく、普通の珈琲をいただきました。

流石に札幌にいた時より、洗練されていてそれとなく日本料理的な手法が入っている感じです。

1皿の芸術性は、やはり、ル・ミュゼの石井誠シェフに通じるものがあります。

少ししか、話す機会がありませんでしたが楽しい食事時間でした。

それにしても、ナショナルビルにあったエノテカは今から考えてもすごいレストランだった気がします。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1810-dcdb8151
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。