スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳家

2014. . 04
岐阜県にある「柳家」に行ってきました。

柳家

食べログで常に全国1、2位を争う囲炉裏料理の名店で、常連の友人夫妻にジビエの美味しいこの時期に

予約していただき、夫妻を含め6名で訪問しました。

場所は、名古屋から電車で1時間、駅から20分ほどの住宅街の奥、岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27

友人夫妻の計らいでお店の方に往復送迎していただきましたが、わかりづらい場所でした。

110年前の古民家を移築した店内は、各個室に分かれているようで、案内されたのは奥の

囲炉裏テーブルで堀ごたつになった趣のある和室です。

柳家

囲炉裏の中央には高く積み上げられた2種類の炭に火が起こされています。

1種類は備長炭で、もう1種類は香りが付くように柔らかめの炭が使われているそうです。

柳家

本日焼いていただけるジビエの串が用意されています。

地元のやり方通りに、熟成させるのではなく、獲れてから5日以内の新鮮さのある肉を使うそうです。

柳家

まずは、再開を祝してシャンパンで乾杯です。

柳家

お通し代わりに、蜂の子の佃煮で地元ではへぼと呼ばれています。

少し甘みのある醤油だれで、やや食感があるようにカッリとして生姜がアクセントになっていました。

柳家

ここから少し熱燗を、囲炉裏で温めるのは洒落た感じで雰囲気があります。

柳家

猪です。店主の山田さんが、脂を炭火の上で焦がして香りづけをしたりと、丁寧に焼いてくださります。

脂身たっぷりでロースの部分だそうです。

口直しに、甘みを感じる生の大根に辛味のある白菜の漬け物が付きます。

柳家

焼き上がりは、サーロインのステーキのようですが、充実した赤身の旨さと脂の甘さがなんとも言えません。

粒マスタードが添えられています。

柳家

熊肉は、ツキノワグマです。脂身が波打っていて力強さを感じます。

こちらは、しっかりした歯ごたえですが遠赤外線で焼いているのでほど焼かれ旨味が閉じ込められています。

脂身も口の中で膨らむ旨さで赤身との対局で面白いです。

柳家

鹿肉です。

よく食べるエゾシカではなく、ニホンジカの仔鹿のロースでロースの部分で揃えてある感じです。

柳家

ハサミを入れて食べやすくなっていますが、鹿肉の脂身は今まであまり頂いたことはないですが、

脂身はするりと甘く、臭みなどなく美味で口の中でとろけていきます。

焼き加減が良いので赤身もがしっかりしている外側と中のみぢ編むレアな感じがよく美味しい

こちらには、柚子胡椒が添えられています。

柳家

天井からつり下げられた自在鉤で炭火の上に釣られた猪鍋です。

囲炉裏ならではの趣があります。

柳家

味噌仕立ての猪鍋は、イノシシ肉のほかごぼう、ネギ、しめじが入って、豚汁より格段にうまく、

味噌の香りと甘辛さで味わい深いく、七味と一味で好みの味に調整もできます。

柳家

〆は、とろろご飯です。

摺り下ろした地元の自然薯を鰹だしで割って、ご飯にたっぷりかけ青のりとネギをのせています。

さんざん食べたあとでもさすがにするっと入っていきます。

添えられた、小さなキュウリの紫蘇漬けもこリっとした食感で美味しい。

柳家

水菓子にみかんがぽんと1つ。囲炉裏の周りで食べるのはなぜか懐かしささえ感じます。

お茶は、ほうじ茶です。

柳家

頂いたワインです。

140種類あるそうですが、2001年のヴォルネイや200年のジュヴレ・シャンベルタンなどどれも

肉料理に合い美味しく、セレクトの良さも際立ちました。

しかもほぼ原価での提供でビックリします。

季節ごとにここでしか味わえない料理でこの時期ならではの猟で獲れるジビエを堪能しました。

青首や鮎の季節にもまた来たくなる素晴らしい料理で、友人夫妻に感謝です。

柳家郷土料理(その他) / 瑞浪市その他)

夜総合点★★★★ 4.7



1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

トトロ
朝からtakakiさんのブログを見て感動です
なんて素敵なところでしょう
よくテレビではこういう雰囲気見たことありますが
雰囲気だけで美味しく食べれますね

栗山のあじどころ今月いけることになりました
楽しみです!
2014.12.05 08:26
takaki11
トトロさん、こんばんは
遅くなってすみません。
柳家さんは、4名以上揃わないといけないので今までいけませんでした。
こういうジビエの囲炉裏は、感動モノですね。

味道広路酸、予約できたんですね。
札幌にいながら京都にいるような感じを楽しんでくださいね。
2014.12.10 22:49

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1800-1d01a8f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。