スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すし善 大通店

2014. . 10
中央区にある「すし善 大通店」に行ってきました。

すし善

場所は、札幌市中央区大通西3丁目 大通ビッセ 4F

店内は、カウンターに個室で、明るく落ち着いた雰囲気です。

今回は、お勧めの雅という、10,800円のコースを頂きました。

すし善

最初に一品は、湯葉のいくらのせです。

すし善

2品目は、シンプルに、なめこおろし

すし善

ここから、刺身で淡白な平目に、脂がたっぷりのエンガワで対照的です。

すし善

トロは脂も乗っていてなかなか美味しいものです。

すし善

エゾアワビは、食べやすいよう切り目が入っていてこりこりとして磯の香りがします。

すし善

カツオ

赤身でねっとりした味わいに皮の香ばしさがカツオらしい味わいです。

すし善

数の子の上に松前漬で、塩カズノコのしゃっきりした食感があります。

すし善

とうもろこしのクリームスープ

蟹とシメジ入ったまったりとした甘味のあるスープです。

すし善

ここから握りでソイ

シャリは固めで酢はやはり穏やかな感じで個人的には好みです。

すし善

エゾアワビの握りは、鹿の子に切り目が入って、煮切りが塗ってあります。

すし善

ホッキ貝は、新鮮で美味しいが、握りとしてのバランスがいまいちです。

すし善

トロは、上には煮切りを塗ってあります。

筋は気になりますが、マグロの脂が口の中で溢れそうな感じです。

すし善

ヤリイカは、塗られている煮切りは結構多めで淡白ながらも優しい甘さを感じずらい感じです。

すし善

秋刀魚の握りは、臭みが全く無く、それでいて脂が良くのっていて生姜とネギの香りと共に頂きました。

すし善

ボタン海老は、甘味がありプリッとして美味しい。

すし善

シシャモの握りは、この時期ならではのもので、くさみはまったくなく、あっさりとはしていますが、

程よく脂ののり、口の中に甘味は広がり、美味しい。

すし善

バフン雲丹の握り、握りの方が風味が邪魔しなくて良いですが、時期的なものか味は普通です。

すし善

軍艦でいくら、味は少し濃いめな感じです。

すし善

穴子

ツメを塗ってあり、しっかり焼きを入れていますが、中の身はふっくらした穴子です。

すし善

「すし善」名物のとろたくです。

本店の女将さんが考案した賄い飯だったとのことですが、脂たっぷりの大トロと、

たくあんの心地よい食感と塩気が抜群で絶妙な味わいです。

すし善

玉子です。

普通に甘みのあるものですが、こういう風に出てくるとは思いませんでした。

すし善

味噌汁

磯の香り豊かな岩海苔のお味噌汁です。

すし善

デザートは、ブランマンジェ

抹茶のブラマンジェは、爽やかな味わいでさっぱり食べられるデザートでした

鮨では、シシャモととろたくが印象的です。

接客は、普通で、本店と違いリーズナブルですが、少し物足りない感じがしました。

お土産に太巻きを買って店をあとにしました。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

ミスト
こんにちは☆

ビッセの中に「すし善」さんが入ってるんですね。(いまだにビッセは入ったことがありません^^;)今度覗きに行ってみよう。

「すし善」さんは円山の名店ですよね。大泉さんたちの番組で本店を見たことがありますが、私にはちょっと敷居が高いように思います。ここならまだ入りやすいのかもしれません。
美味しいお寿司食べたいですねー。
2014.11.11 12:51
takaki11
ミストさん、こんにちは
すし善本店は、料亭みたいな造りで見た目から敷居が高そうですね。
こちらは、ビルの飲食フロアーにあるのでそんなことはなく、気軽に入れる感じです。
ランチなんかも1000円から寿司が食べられるのでいいかもしれませんよ。
2014.11.12 08:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1783-e8d57938
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。