スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮨  田なべ(2)

2014. . 09
中央区にある「鮨  田なべ」に行ってきました。

鮨  田なべ

8か月ぶりの訪問です。

場所は、札幌市中央区南5条西3丁目ニューブルーナイルビル2F

店内は、檜を使った白木のカウンターにテーブル席で清潔感溢れる明るい雰囲気です。

前菜 、刺身3種 、一品料理 、すし10種 、お椀 、デザートのおまかせコース(13800円)をいただきました。

鮨  田なべ

前菜は、、さんまの煮付け、冬瓜、からすみです。

さっぱりとした糸もずく酢、旬のさんまの煮付け、別に味を染み込ませているのかと思うほど美味しい冬瓜に

大根にはさまれた、塩のみで旨味を引き出したカラスミです。

鮨  田なべ

初めの酒は、二世古 純米吟醸原酒 秋あがり 吟風を燗酒で頂きました。

やさしい辛口でコクのある味わいで、燗で頂いたので漂う吟醸香が何とも言えず秋らしい味わいです。

鮨  田なべ

〆サバ

刻んだ浅葱が上に乗った鯖は、小ぶりながら十分に脂がのっています。

口に入れた途端広がるネギの香りで、鯖の脂の旨味が良く、加えてポン酢が絶妙な味わいです。

鮨  田なべ

積み重ねられた平目、芽葱と酢橘が添えられています。

酢橘を絞ってかけたり、醤油や塩でそれぞれいただきます。

ブリッとした身が滑らかな口当たりにしっとりした旨味ある白身で、塩で風味を損なわないで

食べるのが好みです。

鮨  田なべ

煮蛸

甘めのツメが塗られ、柔らかく煮込まれています。

柔らかく弾力があり、皮のねっとりとした食感がまた美味しい。

鮨  田なべ

鵡川産生ししゃも炭火焼き

頭と尾の部分は、外されていますが、じっくりと炭火で焼かれたのがわかるきつね色です。

身がしっかりしていて、たっぷりの卵に旨味のある白身は今だけの味わいです。

鮨  田なべ

茶わん蒸しです。

中は蒸したズワイガニの身でぽん酢出汁の餡がかかっています。

ズワイガニの身の充実した旨味、茶碗蒸し自体が滑らかな口あたりでポン酢でさっぱりといただきます。

鮨  田なべ

ここからは、福岡県の三井の寿 porcino(ポルチーニ) 純米吟醸を

ひやおろしです。

イタリアの松茸とも言われるポルチーニという名前だけあって、芳醇な香りと

酸味と甘味のバランスよく、広がる旨味があって美味しい。

鮨  田なべ

焼き牡蠣、干しホタルイカです。

釧路仙鳳趾産の焼き牡蠣は、焼いてある分貝らしいぷっりとした食感ではないですが、

牡蠣独特の濃厚な旨みが口の中に広がります。

干しホタルイカは炙られてあり、身の甘さに加え、かすかなワタの独特の旨味と苦みが

ふわっと口の中に広がり、日本酒の進む肴です。

鮨  田なべ

ここから握りです。まずは、甘海老

プリッとして甘海老らしいねっとりした甘さ、こぢんまりした酢飯がサイズ的にぴったりな感じです。

鮨 田なべ

マグロの漬けです。

丁寧に切り、漬け込んで、余分な醤油ダレを取り除いてから握られています。

鮨 田なべ

皮を剥いて切れ目を入れられた秋刀魚です。

旬だけにたっぷり脂がのった凄いもので、凝縮した美味さが味わえます。

鮨 田なべ

ついで、新潟県佐渡島「北雪酒造」の鬼夜叉 遠心分離 純米大吟醸酒

ふくよかな旨みが口の中に広がりゆっくり消えてゆく淡い感じで鮨にはよく合う感じです。

鮨 田なべ

ツブ

鹿の子に切れ目が入っていて食べやすしてありますが、ツブらしい歯ごたえでしゃっきりしています。

もちろん、噛んで行くとツブのもつ旨味もゆっくり口に広がるのも楽しい。

鮨 田なべ

ヤリイカ

スジを入れて切ってあります。

甘いイカの味わいが十分に堪能でき、削った柚子でいただくのも良いものです。

鮨 田なべ

甘くとろけるようなバフン雲丹の握りです。

流れ出るような雲丹の甘みはやはり、美味しく塩で引き立っています。

鮨 田なべ

のどぐろ

炙られて皮の脂がとろりとするようになりしっとりした身の旨味とのバランスが良く美味しい

鮨 田なべ

鮑の上にその肝のソース

蒸しアワビは、柔らかすぎずざっくりと歯触りよく、肝のペーストに寄ってクリーミーさが加わります。

つけすぎると鮑の香りが飛んでしまうので中央にちょいとというところが良い。

鮨 田なべ

こぼれいくら

この時期ならではのはりがある良質のいくらがたっぷりですが、いくらでも食べられそうな味です。

鮨 田なべ

なめこの味噌汁です。

鮨 田なべ

穴子の握り

ふわふわで柔らかい穴子は、ツメの甘みがしっかりしていますので、口から広がっていきます。

これで1通りです。

鮨 田なべ

追加で鮃のエンガワ

コリコリと歯ごたえの良いエンガワは、脂ののりが良く丁寧に重ねられて口いっぱいに旨味が広がります。

鮨 田なべ

〆に玉子焼き

握っていただきましたが、しっとりとして甘いきめ細かなカステラのようでそのままの方が良かった気がします。

鮨 田なべ

デザート1品目は、甘すぎず、香ばしいクレームブリュレです。

鮨 田なべ

デザート2品目は、巨峰のアイスにドライイチゴが載っていて、梨が添えられています。

さっぱりといただきました。

半分ほどが、海外からのお客さんで英語が飛び交っていると少し違和感を覚えますが、

英語の接客も卒がないのはさすがだと思います。

接客も明るく、おいしい料理で今回も楽しい時間を過ごさせていただきました。

前回はこちら

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト

comment

ミスト
こんばんは☆

田なべ行ったんですね!私も7月に行ってきました。やっぱり予算的においそれとは行けませんが、年に1度の贅沢としていきたいお店です。
旦那の友人も一緒に行ったんですが、苦手だったものを食べてました。(違う日に回転寿司にもいったんですが、やはり食べれなかったようです。)

デザートは板前さん(英語の出来る方)が作っていらっしゃるんですよね。先日伺ってびっくりしました。

どれも美味しそうです♪
2014.10.09 18:21
takaki11
ミストさん、おはようございます。
7月に行かれたんですね。
田なべは、知り合いが働いていまして行っています。
酢飯がきついのは合わないので、こちらはそれがなく良い感じです。
たちの鮨屋は、やはり回転ずしと違いどれもしっかりしていて美味しいですが、
そうそう行きませんよね。
デザートも、板さんが作っているとは思えない本格的なもので良いですよね。

2014.10.10 08:53
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.10 14:15
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.12 11:59

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1759-6becbe0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。