スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶月斎

2009. . 16
中華料理の「茶月斎(ちゃげつさい)」」に行ってきました。

場所は、中央区南3条西8丁目の角、すすきのから少し離れたところにあります。

カフェのような外観で、店内はオープンキッチンスタイルで、カウンター、テーブルに個室があり、

落ち着いた感じで居心地がいいです。

店はいつも賑わっているので、予約必須です。

今回は、個室の予約でした。個室は、店の奥左手にあり、ゆったりとした空間でした。

何度かお邪魔していますが、個室があるとは今まで知りませんでした。

コースメニューのみで

黒板のメニューから、6品3,500円、8品5,000円、フカヒレ姿煮付き6,500円から選択です。

DSC00614_convert_20090512211222.jpg

オーダーは6500円のフカヒレの姿煮付コース

単菜3品..麺飯.デザートからなる6品のコースで黒板から好きな単菜1品.麺飯.デザートを

選び後はおまかせです。

実際のコースは

DSC00608_convert_20090512211008.jpg
鮎の塩煮

DSC00609_convert_20090512211034.jpg
ホワイトアスパラとグレープフルーツの和え物

DSC00610_convert_20090512211102.jpg
ハーブ豚ロースと道産アスパラの揚げにんにく炒め(選択単菜)

DSC00611_convert_20090512211129.jpg
DSC00612_convert_20090512211155.jpg
フカヒレの姿煮 自家製XO醤煮込み 蒸しパン付

DSC00616_convert_20090512211248.jpg
坦々麺(汁なしゴマダレ手打ち和え麺)

DSC00618_convert_20090512211410.jpg
マンゴープリン

DSC00617_convert_20090512211343.jpg
20年ものプーアル茶

鮎の塩煮は、旬の鮎を塩味で煮て、きゅうりをすりおろして酢で味付けされたものと食べるものです。

はじめて食べましたが、あっさりとして上品な塩味で、鮎の香りの良さが感じられ、

ややレア感というか青っぽさが残り、鮎本来の味を堪能でき、ほぐし易くて食べやすかったです。

塩焼きより明らかにストレートな味でした。

ホワイトアスパラとグレープフルーツの和え物は、最低限の味付けしかしていないので、

口に入れた瞬間はアスパラの強い味わいと香り、その後、グレープフルーツの酸味が

吹き抜ける感じの1品。

ハーブ豚ロースと道産アスパラの揚げにんにく炒めは、オーソドックスな1品でした。

フカヒレの姿煮は、XO醤の旨味とコクXO醤の豊かなコクとうまみがなんともいえないおいしさを

引き出し、ソースを蒸しパンですくってきれいに完食しました。

自分では、スープ仕立てのフカヒレの姿煮より好みでした。

坦々麺も、めずらしい成都式坦々麺で、ラー油と花山椒が使われていて、香りがよく、

手打ちの平麺で食べると麺の甘味と辛味のバランスが絶妙でした。

出来ればもっと食べたかったです。

マンゴープリンは、口の中でとろんふわんと溶けていく食感と、濃厚に漂うマンゴーの香りと味で、

ハイレベルなマンゴプリンです。レモン汁を加えると、すっきりとした甘みになりますが、

そのままの濃厚な感じが自分では好きです。

20年ものプーアル茶は、レストランで出されているプーアル茶は熟茶のため、

カビくさい印象があり好きではなかったですが、ここのは、口の中に入れた瞬間に、

爽快な香りが一瞬してきて、味わいが深く濃くしっかりと感じられるものでした。

「茶月斎」の料理は日本で一般的に食べられている中国料理とは違うため、

創作料理とも思われているようですが、中国や台湾の人々が日常的に食べている料理を、

土地の旬の食材を使い、化学調味料を使わずに作っているそうです。

サービスも忙しい割りによく、料理も素材を活かしたシンプルな味つけで、美味しい中華でした。

ワインやシャンパンも手ごろなのがそろえられているのでゆっくりと食事できるし、

今時点で中華では、「侑膳」、 「札幌ふんよう亭」の3店がお気に入りです。

茶月斎 (中華料理 / 資生館小学校前、西8丁目、中央区役所前)
★★★★ 4.0



参加しています。応援お願いします
↓ポッチっとお願いします。↓
banner_04.gif

食べログ グルメブログランキング
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/169-8ed8c060
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。