スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sugar Factory American Brasserie&Gordon Ramsay Steak

2014. . 12
ラスベガス6日目です。

翌日の朝便で出発ですので、今日が実質最終日ということになります。

Sugar Factory

遅めの朝食に「Sugar Factory Bar & Grill e(シュガー ファクトリー バー&グリル)」に

向かいました。

Sugar Factory

10時という中途半端な時間だったからか、意外と空いていていました。

オープンテラスのある店内はストリップに面していて開放的な空間です。

席は、暑さもあるので庇のあるテラス席の内側の席にしてもらいました。

Sugar Factory

まずは珈琲を

フレンチプレスでアメリカンコーヒーよりコクと深みがあり美味しい

Sugar Factory

自分注文のSugar Factory’s Eggs Benedict ($14.95)です。

定番のイングリッシュマフィンにハムやベーコン、ポーチドエッグをのせてオランデーズソースを

かけた物ではなく、スカラップド・ポテトの上に載っていて、グリーンアスパラが添えられています。

ハーブの効いたオランデーズソースがさっぱり目で飽きずに食べられます。

Sugar Factory

連れ注文のGranola Crusted French Toast($13.95)です。

見た目から、シュガー ファクトリーらしい甘そうなフレンチトーストです。

Sugar Factory

パンケーキがお勧めということで、スタッフの進めるBlueberry Pancakes($12.95)を追加しました。

薄めのパンケーキ4枚にたっぷりのブルーベリージャムにシュガーパウダーが振りかけられています。

メープルシロップをかけていただきましたが、ふんわりしたパンケーキに甘酸っぱいブルーベリーが

マッチして、お勧めというのも納得でした。

その後は、最終日ということもあり、パリスのカジノでカード中心に遊びました。

9:30分からショーがあるので早めの食事を

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

Gordon Ramsay Steak(ゴードン・ラムゼイ・ステーキ)に行きました。

ストリップでは、1番美味しいステーキが食べられる店ということで前日に予約しました。

場所は、パリスホテルのカジノフロア内のほぼ中央。ハイリミットセクションのすぐ横にあります。

店内は、1階が赤を貴重としたオープンキッチンスタイルの明るいダイニングルームで2階席は、

シックで伝統のあるステーキハウスの様な落ち着いた雰囲気です。

自分たちは2階に案内されました。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

まず初めに、リング状に作られたスタンドに調理前の生肉が飾られたワゴンが運ばれてきて、

それぞれ部位の名称や味の特徴を、丁寧に説明してくれます。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

食前に出された4種類のパンには、バターが添えられています。

それぞれなかなか美味しいですが、これだけでお腹が膨れてしまいそうです。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

ワインは、ナパバレーのメルローのFreemark Abbey を

手頃な割になかなかしっかりしたワインでステーキによく合いました。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

Caesar Salad($16)

シーザーサラダです。

スライスされたパルメジャーノも載っていて洗練された感じでスコッチエッグが添えられています。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

Kurobuta Pork Belly ($18)

美味しい豚の角煮という感じで脂の旨みと甘味がしっかりと味わえます。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

Bone-in Rib Eye* 24oz($57)

軽い気持ちで骨付きが良いなと思い頼んでしましたが、24 Ozは680gだったんですね。

メニューを見ている時には何も思いませんでしたが、単位のマジックで来て巨大さにビックリです。

ミディアムレアで頼みましたが、グリルですがきっちりした焼き具合で流石です。

熟成された肉の旨みと柔らかくジューシーな味わいはシンプルですが美味しい。

すごい量でしたが、どうにか食べきりました。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

デザートはとても無理ですが食後にコーヒーを

茶菓子に3種類のチョコが来ました。

Cのダークチョコのみいただきましたが、しっかりとして美味しいチョコでした。

ゴードン・ラムゼイ・ステーキ

コーヒーは、こちらもフレンチプレスで美味しい。

接客は、「Gordon Ramsay BurGR」に比べ、可もなく不可もない感じでしたが、ゆったりと食事が出来ました。

1階席は、明るく賑やかなので静かに食事をしたい時は2階の席が良い感じです。

あと、トータルリワードカードで各1ドルずつ安くなります。

その後は、ONEを観にマンダレーベイホテルに、タクシーで向かいます。

ONE

2013年7月より始まったマイケル・ジャクソンをテーマにしたシルクドゥソレイユのショーです。

ONE

劇場の横には、マイケル・ジャクソンのショーグッズも売られています。

ONE

入口付近には、撮影される方が多数います。

ONE

席は、セッション102のE-9で前から5列目の中央ですごく見やすい席です。

ONE

ショーが始まる前は、マイケルの手袋が浮かび上がっています。

マイケルの熱狂的なファンというわけではありませんが、ポピュラーな曲が使われていて、

一体感のあるショーでなかなか良かったです。

ショーの後は、ストリップを歩いて戻ることにしました。

ラスベガス2014

ニューヨークニューヨークの自由の女神

ラスベガス2014

改装されたトロピカーナホテル

ラスベガス2014

モンテカルロホテル

ラスベガス2014

アリア リゾート

ラスベガス2014

パリスホテル

ラスベガス2014

ベラッジオの噴水ショーを最後に見ます。

御存じの方も多いと思いますが、11時55分に始まる最終の噴水ショーは迫力が違います。

ホイットニーの曲に合わせて一味違う噴水ショーを堪能しました。

その後は、最終日ですので徹夜でカジノで遊びました。

1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ

スポンサーサイト

comment

トトロ
ラスベガス 壮大ですねー
自分の知らないところ知らないことたーくさんで感動です
1週間滞在は夢のような世界ですね
テレビの中でしか見たことがない風景、圧倒されました
途中日本の白いお米食べたくなったりしますかぁ?
2014.07.13 06:03
つかりこ
680gですかー、すごい!
20代の頃、700g食べたのを思い出しますが、
もういまではムリです。
拍手もんですー!!

ラスベガスの街の写真、いいですねー。
夢がふくらみます。
2014.07.13 14:02
takaki11
トトロさん、こんにちは
ラスベガスは、ギャンブルの街という印象ですが観光するのにもいい街ですよ。
1週間の滞在でしたが、あっという間に終わってしまいました。
御飯が食べたくて、和食に向かったこともありますが、結局食べませんでした。
ハンバーガーとステーキというアメリカらしい食事ばかりでした。
2014.07.14 11:45
takaki11
つかりこさん、こんにちは
運ばれてきてビックリしましたが、自分でもよく食べ切れたと思います。
焼肉に行ってもそれほど食べれないんですが、不思議です。

ラスベガスの夜はネオンが綺麗で不夜城という感じですね。
帰ってきたばかりですが、また、お金を貯めて来年行こうと今から思っています。
2014.07.14 11:48

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1684-d365cb66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。