スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・バエレンタル(14)

2014. . 11
円山にある「ル・バエレンタル」に行ってきました。

場所は、北海道神宮のそば、札幌市中央区南1条西28丁目3-1

半年ぶりの訪問で、今回はル・バエレンタルの10周年を兼ねたガラディナーに参加しました。

ル・バエレンタル


オーベルジュ・ド・リル総料理長マルク・エーベルラン氏とシェフソムリエ セルジュ・デュプス氏が

来日し、エーベルラン氏の春の特別料理をワインを含め楽しめる会でした。

内容は、

ル・バエレンタル

前菜は

赤と黒を纏った活ホタテ貝のメルバ 胡麻の香るクリームと柚子のソルベ

メルバは薄切りで活ホタテに柚子のソルベでさっぱりと、胡麻クリームでまったりと味を変えていただきました。

ワインは、Muscat Reserve Trimbach 2011

ル・バエレンタル

オマール海老とグリーンアスパラのシャルトリューズ

春を感じさせる一皿で、マルティズソースは、アスパラガスの甘さとほろ苦さと、

オマールの旨みに爽やかな香りとクリーミーでオレンジ風味が良く合います。

ワインは、Riesling Cuvee Particuliere-Selectionne pour Hiramatsu Trimbach 2011

ル・バエレンタル

フランス産オンブルシュバリエのポワレ エクルヴィスのムターシャ

ウナギのクルトン仕立て 

オンブルシュバリは、淡水魚の王様と呼ばれる日本のイワナの一種です。

皮目はバリッと焼かれ、きめは細かくしっとりした感じで旨みを存分に引き出しています.

エルブソースも香ばしいアクセントで効果的でした。

付け合わせのエクルヴィスのラヴィオリ包みもまったりと美味しく、甘いソースの鰻は日本的な

美味しさです。

ワインは、Condrieu Les Terrasses de IEmpire Georges Vernay 2010

ル・バエレンタル

ヴァンデ産仔鳩のパイ包み 

肉料理は仔鳩にフォアグラを詰め込んだものを、パイ包みにして焼き込み、ソース・ペリグーで仕上げたものです。

パイの中で絶妙に火入れされた仔鳩は、柔らかさの中に歯応えは残しながら、フォアグラと共に口に運ぶと、

独特の旨さが広がり、さらに香り高いペリグーソースと合わさることで、美味しさが増します。

クラシックなフレンチの肉料理で、力強さと繊細さを併せ持っていてさすがの一皿でした。

Chateau Jean-Faure 2009とのマリアージュも良かったです。

ル・バエレンタル

リュバルブのイルフロタント 生姜の香る苺のクーリー

さっぱりしたリュバルブの酸味にメレンゲ状イルフロタントで口直しにピッタリでした。

ワインは、Gewurztraminer Vendanges Tardives Trimbach 2005

ル・バエレンタル

ぺーシュ エーベルラン

ナイフを入れた後の写真ですが、オーベルジュ・ド・リルのスペシャリテです。

桃桃がまるごと一つ使われシャンパンのサヴァイヨンがたっぷりです。

緑色のピスタチオのアイスクリームも添えられてます。

結構なボリュームですが、意外とさっぱりとしてすんなりといただけます。

ル・バエレンタル

小菓子に珈琲

でした。

さすがに、美味しい料理とワインとの調和も良く良い時間が過ごせました。

今後は、レストランは「オーベルジュ・ド・リル 札幌」として料理を提供していくそうで

どう変わっていくのか楽しみです。

前回はこちら

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト

comment

ryuji_s1
takakiさん
ル・バエレンタル
スペシャリティディナー
素晴らしいレストランですね
お料理 おいしそうです
2014.04.11 16:20
トトロ
きゃーあーここ!結局行けてないんです(**)
んっ?お店の名前変わるんですか?

でもさすがですね 贅沢なお料理たち
いつも感心するのがtakakiさん料理の名前とか味の感想とかよく覚えてますよね すごい
私とらやさんで言われる先から忘れていきました(^^;)
2014.04.13 07:50
takaki11
ryujiさん、こんにちは
今回は、さすがに美味しい料理でワインと合わせて楽しかったです。
さすが、シェフで料理が変わる感じですね。
2014.04.14 07:26
takaki11
トトロさん、こんにちは
ル・バエレンタルという名前は変わらず、レストランがオーベルジュ・ド・リルとしてやっていくようです。

料理はさすがに美味しかったですよ。
家内と食事すると、料理の話が多く覚えていますね。
友人と行って飲みだすと、覚えてないこともありますよし、
写真すら忘れることもあります。
2014.04.14 07:34

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1619-a38d1fa5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。