スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野川温泉 河鹿荘

2014. . 31
山形県「小野川温泉 河鹿荘」で宿泊しました。

河鹿荘

息子たちと合流場所の米沢駅から車で20分ほど、山形県米沢市小野川町2070

小野川温泉は、今から1200年ほど前の平安時代に小野小町がみちのくに旅に出たおり、

道中病に倒れた折に、湯治したとされる温泉です。

河鹿荘

こちらのラウンジでゆったりチェックインをします。

ラウンジは、朝食後の珈琲サービスも行われていました。

河鹿荘

チェックインの合間に、山形名物の「玉こんにゃく」をいただきます。

河鹿荘

案内された部屋は、3階の奥にある「日向(ひなた)」という部屋です。

河鹿荘

10帖の和室に、3帖ほどの広縁を備え、ゆとりのある造りで4名の宿泊ですが十分な広さです。

37インチのテレビに、加湿機能付きの空気清浄機が備えられているのは、乾燥するこの時期には嬉しい。

河鹿荘

壁には、部屋の名前にもある「陽」の文字の額が飾られています。

落ち着いた雰囲気の客室は、清潔感が溢れているので心地よいです。

大浴場は、露天風呂付きの「せせらぎ」と、内風呂のみとなる「あさみどり」の2ヶ所あり、

1日に2回、女湯と男湯が入れ替わりになります。

ほかに、貸切の家族風呂があり、宿泊者は45分間使えました。

温泉は、無色透明だが微かに硫黄臭がし、全ての湯舟が、源泉100%かけ流しでそれほど混んでいませんでしたし、

家族風呂も広いので、のんびりと温泉を楽しむことが出来ました。

河鹿荘

夕食は、1階の食事処「美食庵 藍(あい)」でいただきます。

中は、それぞれ仕切りが有り、半個室風で落ち着いた雰囲気です。

河鹿荘

前菜と食前酒のデラウェアぶどう酒です。

河鹿荘

生ビールは、湯上りに美味しさもひとしおです。

河鹿荘

米沢牛の炙りです。

冷製ですが、柔らかく旨みがあります。

河鹿荘

メインの山形牛と天元豚、米沢牛のソーセージです。

天元豚は、米沢産で、日本ではまだまだ少ない四元豚だそうです。

河鹿荘

鉄板で焼いていただきます。

脂の乗り切った山形牛のカルビとビールに合う米沢牛100%使用ソーセージ

天元豚は、きめ細やかな印象通り、脂肪の質が良く甘みが深く、もっちりした食感です。

河鹿荘

河鹿荘『愛』純米をいただきました。

河鹿荘オリジナル純米酒ということで選択しましたが、すっきりした辛口で酒だけいただくなら

問題ないですが、料理とは合わせずらい感じでした。

やはり、十四代出羽燦々をいただけば良かったと思いましたが、飲み切りました。

河鹿荘

じゃがいもの味噌風味焼きです。

河鹿荘

温物

海老東寺巻きの餡掛けです。

河鹿荘

舞茸の釜飯

河鹿荘

蛤の吸い物に香の物

河鹿荘

デザートは、レアチーズのムースに林檎のワイン煮と苺が載っています。

温泉宿らしい地元の食材中心でボリュームもしっかりありました。

河鹿荘

朝食は、「大広間 山里」にていただきます。

鍋は、小野川名産の“こまちのほっぺ”使用の湯豆腐です。

焼き鮭、小野川名物ラジウム温泉玉子、オクラおかか和え、南瓜サラダ、ソーセージ、煮物

デザート替わりのヨーグルトには、山形名産のラ・フランスのジャムが添えられています。

そしてなんといっても、山形県産「つや姫」のご飯が美味しい。

ご飯の美味しい朝食は、日本人ですので、一日の活力が湧きます。

源泉100%掛け流しの温泉と郷土色豊かな食事もあり、家族で久々にのんびりした滞在でした。

1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
スポンサーサイト

comment

つかりこ
なんだか、食事がすばらしいですねー!
特注されたんですか?
温泉旅館、多々あれど、さすがのお見立てでは。
2014.04.01 21:58
takaki11
つかりこさん、こんにちは
家族旅行ですので、肉必須の食事中心の選択です。
特別なことはしていません。
なかなか良い温泉でした。
2014.04.03 11:17

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1612-03889370
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。