スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nobu Hotel at Caesars Palace

2013. . 07
今年も、ラスベガス旅行に行ってきました。

nobu

今年の2月2日にオープンした NOBU Hotel に宿泊です。

シーザーズパレス内にある、Hotel-in-Hotel 型ブティックホテル です。

テーマは 「日本」で、インテリアはもとより、サービスや運営の部分にも

「和」 の文化を取り入れられているそうです。

nobu

部屋は、10フロアーある8階で、8109号室です。

nobu

部屋は、NOBU Luxury King Bed Room です。

ベッドの寝心地はやや柔らかめですが、まずまずのレベルです。

nobu

大きめのソファーは十分に横になれます。

nobu

テレビは、54インチの大型テレビで日本人としてサムソン製というのが気になります。

ただ、テレビには日本チャンネルがあり、ラスベガスではありがたいサービスです。

nobu

クローゼット

金庫が設置されていて、4ケタの暗証番号を自分でセットして使うタイプです。

部屋着用のローブが2種類あり、男女分けられているのは嬉しいサービスです。

nobu

トイレ、シャワーブース、洗面台、化粧台が一つの空間になっています。

こちらは、洗面台、深いシンクでひげそり、歯ブラシなどの他、綿棒、つめやすり、

シャワーキャップなどが入った小箱もあります。

nobu

トイレ

こちらは、TOTO製で大きめで使いやすい。

nobu

シャワーブース

広くて使いやすいですが、バスタブがありません。

固定式と可動式の両方があり、木製の椅子があり座って体が洗えます。

nobu

化粧台にも、バスローブこちらも着心地が良く、こちらも、男女分けられています。

nobu

冷蔵庫

ラスベガスのホテルでは珍しく、有料のワイン、ビール、日本酒はどの飲み物が

あらかじめびっしり入っています。

自動課金されると説明され、他の物を入れとおくことはできません。

アイスは、廊下にあるのでそちらで冷やします。

nobu

おつまみ類もあります。

nobu

部屋の窓からは、4コーナーが見えます。

nobu

ウエルカムでお茶とせんべいを持ってきてくれます。

冷茶の味はどうかと思いますが、煎餅はしっかりしたもので美味しい。

nobu

ポップコーンもサービスで

海苔味とカレー風味で柿の種なども入っていてなかなか美味しい。

nobu

おもてなしという意味か、ターンダウン・サービスがあります。

nobu

ターンダウン・サービス時に、ミネラルウォーター2本とアロマミストが置かれています。

カードキーがないとエレベターにも乗れず、指定階にしか行けないので、セキュリティーも良いです。

ショッピングスポットのフォーラム・ショップスへも、屋外をまったく歩くことなくアクセスできます。

総じて、大型のカジノホテルとは違い、使い勝手が非常に良い感じでした。

1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

つかりこ
階によって、国柄テーマが異なったりするんでしょうか?
おもしろいですねー。
バスタブがないのが寂しいですが、
部屋とベットは大きいですねー!
内装もモダンアート調で、カッコイイ!!

チェックインして、シャワー浴びてビールでも飲んで寛いで、
夕方になったらピシッとスーツに着替えて街に繰り出す・・・・
ってなこと、やってみたいもんですー。
2013.11.07 18:20
takaki11
つかりこさん、こんにちは
こちらの場合、ホテルで国柄が決まっている感じです。
パリ、ローマ、ヴェニス、エジプト、アラビアなどいろいろあります。
日本なのにバスタブがないのはどうかなと思います。
ベッドは、やはりキングサイズで縦にも横にも寝れるぐらい大きいです。
アメリカの人は、そういうドレスアップする人が多いですね。
自分は、基本ラフで食事の時に考えるぐらいです。
でも、ショッピングなんかでも見た目は大事だと思います。
定員さんの態度が全然違いますから…
2013.11.08 18:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1498-647b9409
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。