スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そば処「楽一」(2)

2013. . 26
ニセコにある、そば処「楽一」に行ってきました。

楽一

こちらも、4年ぶりの訪問になります。

場所は、北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ431

店内は、カウンターのみ12席で、木の温かみのある落ち着いた雰囲気です。

注文は、季節の天ぷらの他、家人が生粉せいろ、自分は鴨せいろを注文しました。

以前は、知る人ぞ知るという隠れ家蕎麦屋でしたが、すっかり人気店になっていて、

行った時には既に満席でした。

ここは、注文を受けてから蕎麦打ちをしますので、のんびりと食事をする気構えがないといけません。

目の前で、演じられる力の籠った蕎麦打ちを見ながら飽きることなくそばを待ちます。

楽一

まずはじめに、季節の天ぷらです。抹茶塩が添えられています。

天ぷらは、茄子、獅子唐、南瓜などの野菜とシメジなどで、当然揚げたてサクサクでからっと揚がっています。

地元中心の野菜は、それぞれ甘味を感じ素地の美味しさを感じる美味しいもの

楽一

鴨汁は、濃いめの汁にしっかりとした鴨らしい食感のある辛めのつゆ

葱の天ぷらが添えられています。

この葱の天ぷらが、つゆにうまみを加え葱の甘みが強く美味さを掻き立てます。

楽一

蕎麦は、香りのある牡丹種の玄そばを石臼引きで自家製粉したもの

楽一

以前より、色の濃さが薄くなった感じの十割蕎麦は、角の立った細切りです。

打ちたてならではの野趣ある香りが喉から戻ってくる感じが堪らない蕎麦は、ほど良い歯切れとのど越しで

待った分だけの幸福感があります。

最後に蕎麦湯を頂いてほっこりします。

ゆったりといた時間の流れを感じながら美味しいそばを頂きました。

前回はこちら

1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

つかりこ
十割でも、製粉時の篩のかけ方や殻をどうするかの違いで、
色はそれこそいろいろですよね。
こちらのは、丸抜きのようで、
細くて角が立っているとのことでしたら、理想的な十割ですね。
うまそー!

野菜の天ぷらは、地元の穫れたてならサイコーですよね!
ふつうの野菜ほどわかりやすい。
これからの季節、キノコも、地のものはうまいですよ。

ニセコの美味しいアスパラ、スイカ、メロン、じゃがいも、
ふき、笹の子、なす、トマト、などなど、
子供の頃、よく食べました。
なつかしい!
ご案内、ありがとうございます。
2013.09.26 23:42
takaki11
つかりこさん、こんばんは
製粉時の篩のかけ方や殻をどうするかの違いなんですね。
やはり,三立ての蕎麦は美味しいですね。
つかりこさんは、苫小牧出身なので、この辺のことは
さすがに、幼少の時からいろいろ食べられていたんですね。
北海道出身でない自分からすると、うらやましいです。
2013.09.27 23:45

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1471-1e37ec7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。