スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手打蕎麦「いちむら」(2)

2013. . 25
ニセコにある、手打蕎麦「いちむら」へ行ってきた。

いちむら

いちむら

ニセコには、よく行きますが、どうしてもいし豆さんに足が向かい、4年ぶりの訪問になります。

場所は、北海道虻田郡倶知安町山田68-4

店内は、テーブル席に、小上がり、テラス席があり、木の質感を生かしたモダンな造りで、

窓からはニセコらしい緑豊かな景色が眺められる居心地の良い空間です。

注文は、家人が鴨せいろ(1200円)、自分は天せいろ(1300円)の十割にしました。

いちむら

鴨せいろの二八です。

滝川産の合鴨を使った鴨汁は鴨団子も入っていておいしそうです。

いちむら

天せいろの十割です。

人気店ですが、しっかりとしたボリュームがあります。

薬味は、本わさ、刻み葱.天ぷら用に抹茶塩が添えられています。

いちむら

蕎麦は、農薬を使わず有機肥料で育てた蘭越産の玄蕎麦を石臼挽き、

ニセコの湧水「甘露水」で毎朝手打ちした蕎麦です。

かなり黒い十割そばは、細切りで風味よく、もっちりした歯ごたえでのど越しも悪く美味しい。

つゆは、中濃でいわゆる藪系の辛汁です。

節系のだしの風味も豊かですが、角がとれてまろやかでかなり好みです。

いちむら

天ぷらは、しっかりとした海老2尾にニセコの山菜や道産野菜の盛り合わせです。

軽めの揚げ具合でさっくりと美味しい。

いちむら

二八も食べたくなったので、400円でお代わりせいろを

薬味つゆがないぶん格安になります。

いちむら

二八蕎麦も、細切りでつややかな蕎麦です。

自分の選択ミスで先二十割をいただいたので、風味が抜けてしまいました。

それでも、のど越し良くおいしい蕎麦で、つゆとの相性は二八の方が上でした。

いちむら

最後に、蕎麦湯を

濃いめの蕎麦湯は、そばの風味も感じられ美味しいものでした。

人気があるのもわかる美味しい蕎麦を十割,二八両方楽しめて満足して店を後にしました。

前回はこちら

1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

つかりこ
蘭越産というのは、初めてうかがいました。
ニセコの「甘露水」で水回しですかー。
量もじゅうぶん!
そして、ニセコの野菜!
わくわくするような内容ですねー。
んー、僕も試してみたい。

何度も同じことを言って申し訳ないんですが、
ニセコの変身ぶりには、ホント驚きます。
2013.09.25 15:08
takaki11
つかりこさん、こんばんは
蘭越は、ニセコの隣にある蕎麦の産地ですのでほぼ地元産を使っていることになります。
野菜も有名なポテトも美味しさいっぱいです。
特に春先のアスパラは美味しさも格別です。
ニセコは、大地の恵みが豊かでいいですね。
2013.09.26 23:12

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1470-1955e40e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。