スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・ヴァンテール(6)

2012. . 20
LE VENTER( ル・ヴァンテール)に行ってきました。

場所は、札幌市中央区南3条西2丁目、都通りに面しています。

札幌のワイン通では有名な中村雅人氏がオーナーをされているフレンチレストランです。

7か月ぶりの訪問になります。

今回いただいたコースは、ムニュ・スペシャル

内容は、

ル・ヴァンテール

アミューズ・ブーシュ

豚肉のムースとグジェール

軽く、やさしい口当りのムースがバケットと合っていて美味しいです。

ル・ヴァンテール

前菜

ホワイトアスパラのムース

口当たりが良い冷製のムースで口の中に甘さにほろ苦さが広がります。

ル・ヴァンテール

足寄永井牧場のホエー桜肉のカルパッチョ アイオリソース、パルミジャーノ・レジャーノ

生肉は、だんだん食べれなくなりましたが、馬肉は大丈夫です。

肉の甘味と旨みが口の中でとろけてダイレクトに伝わってくるのは、生肉ならではです。

ル・ヴァンテール

赤井川コロポックル村、花ズッキーニのファルシーと阿寒湖産エクルビス、ブルゴーニュ風

ズッキーニとエクルビス使った一皿です。

エクルビスは、ザリガニのことです。

花ズッキーニの中に鶏のムースと十勝のマッシュルームが入っています。

ソースは、エクルビスを使った赤ワインソースでアクセントにオリーヴオイルでした。

見た目もきれいで、奥行きのある一皿でした。

ル・ヴァンテール

真イカと北寄貝のガスパチョ トマトのジュレ

太陽をいっぱい浴びた甘味のあるトマトの旨みと、海鮮の刺激的な旨みが一致した一皿で、夏らしく冷製です。

ル・ヴァンテール

自家製パン

道産のはるゆたかを使ったパンです

ル・ヴァンテール

タラバガニと北の鮮魚、生うにの贅沢クネル

開店以来の定番メニューです。

濃厚なアメリケーヌソースとふんわり柔らかい食感が特徴です。

ル・ヴァンテール

グラニテ

ル・ヴァンテール

十勝産彩美牛フィレ肉のポアレ赤ワインソース

メインは、きれいな牛フィレ肉に濃い目の赤ワインソースでトリュフが添えられています。

フィレ肉は、柔らかく旨みの知ったりしたもので美味しい

ル・ヴァンテール

デザート

さっぱりと紅茶のアイス下には、クリームの旨みが濃いプリンです。

ル・ヴァンテール

紅茶を選択しました。

ベルガモットの香りの良いアールグレイは美味しい

ル・ヴァンテール

小菓子

という内容でした。

接客はいつも通りで、気分が良いものでした。

シェフが変わってから初めての訪問でしたが、それぞれ美味しい料理で楽しい時間を過ごせました。

前回はこちら

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1098-a9d97ce6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。