スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガス旅行2012 Joël Robuchon

2012. . 12
2日目の夕食は、Joël Robuchon(ジョエル・ロブション)に行きました。

Joël Robuchon

日本の恵比寿や六本木ヒルズにも系列の店がある、MGMグランドにあるラスベガス店です。

6年ぶりの訪問で、以前よりシックで落ち着いた雰囲気になっていました。

コースは、Degustation(デギュスタシオン) $425にしました。

Joël Robuchon

まずは、グラスシャンパンで喉を潤します。

Joël Robuchon

ワゴンサービスの10数種類から選択

定番ロブションのプチバゲットともう1種類ミルクのパンを

Joël Robuchon
La Cerise (チェリー)

チェリーのガスパッチョで中央にリコッタチーズとピスタチオがのっていました。

Joël Robuchon

La Tomate (トマト)

バジルがたっぷりの焼きトマトに、トマトのジュレ上には彩りのきれいなのモッツァレッラの頂

震わせて運ばれて来て黒いイメージで透明なジュレだとは気づきませんでした。
Joël Robuchon

Le Caviar (キャビア)

冷製カリフラワーのヴルーテ、スズキのカルパッチョ、クスクスの大根巻きの3皿

それぞれにキャビアが載せられています。

Joël Robuchon

Le Foie Gras (フォアグラ)

フォアグラのソテーです。チェリーが添えられキンカン・コンポートのソース

La Saint-Jacques (帆立)

帆立のソテーでグリーンカレーのニラが添えてありました。

Joël Robuchon

Les Crustaces

ジャガイモのピューレ、ブルーマウンテンコーヒーのカプチーノ 雲丹載せ

アカザエビのラビオリ仕立て トリュフソース キャビア載せ

受賞ロブスターのスパイシーグリル 

の3皿です。

Joël Robuchon

Les Petit Pois

エンドー豆のスープ アルガンオイルを周りに垂らし、フォアグラのムースが中央にあります。

Joël Robuchon

Le Saumon(サーモン)

低温調理されたサーモンのハラスにマスタードシードが載っています。

マンゴー・タリアテッレが添えられています。

Joël Robuchon

Le Veau(仔牛)

仔牛のチョップのソテー、ボルチーニタケソース添え

Joël Robuchon

Le Soja

セイヨウアサツキとライムの入った茶豆のリゾット

Joël Robuchon

Le Citron

レモンのムース 上にはスパイシーな赤い果実とバニラ、周りには蜂蜜ゼリー

Joël Robuchon

La Fraise

デザート2皿目は、フレッシュな苺にパンナコッタのキャラメルにバニラアイス、バルサミコ酢の泡

Joël Robuchon

小菓子

こちらもワゴンで運ばれてきます。10数種類から3種を選択しました。

という内容でした。

結構和食を意識した色鮮やかな皿の数々で、「最後まで食べられるだろうか」 と不安になることもなく

完食しました。

3皿づつ出されるときは、食べる順序があるようで違えると味が変わり美味しさが半減するようです。

支配人のベルナールクライス氏は、以前、今はない神戸のアランシャぺルや恵比寿店にもいらした人で

日本語が堪能で、料理の説明も日本語でして頂き楽しかったです。

前回の来店時も、ベーカリーシェフは日本の方で日本語の会話ができました。

さすがの高級店で美味しい料理を堪能しました。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1096-3b34141e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。