スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストランミヤヴィ(2)

2012. . 24
中央区にある「Restaurant MiYa-Vie(レストランミヤヴィ)」に行ってきました。

場所は、静かな住宅街の中、札幌市中央区南6条西23丁目4-23 アールブラン1F

店内は、白を基調にした清潔感あふれるモダンな感じでゆったりとした空間です。

今回は、レストラン”Sa.Qua.NA"アレクサンドル ブルダス氏とのコラボフェアーです。

「ミシェル ブラス トーヤ ジャポン」の初代料理長を務めたアレクサンドル ブルダスシェフが

レストラン”Sa.Qua.NAをオープンして4年目で異例の早さのミシュラン2ツ星を獲得し6年ぶりに来道です。

再会と題されたコースの内容は、

コラボフェアー

生まれ故郷アヴェロンの郷土料理”パスカード”トリュフオイルをかけて

パスカードとは、フランスのピザのことで、トリュフの香りが漂い柔らかくちぎっていただきました。

コラボフェアー

蒸し焼きにした天然真鯛、スムール&カリフラワー、チェルムラ

香辛料のターメリックが感じられ、クスクスと甘味のある天然鯛が調和して美味しい一皿

コラボフェアー

葱と長いものピューレに載せたボタン海老と洋ネギ、サワークリームで和えたウルイ、デコポンの香り

甘味があり味わいの濃いボタン海老をさっぱりといただきました。

コラボフェアー

自家製パン

コラボフェアー

塩を利かせて蒸し焼きにしたアンコウ、若洋ネギ、道産和牛タンの”スナッケ”ジャガイモ、
泡立てたブランダード

蒸し焼きにしたアンコウは、身もしっとりとしていて素晴らしい。上にはたっぷりの泡立てたブランダード

横にはスナッケされた柔らかくジュシーな和牛タンが甘味豊かなジャガイモのピューレと合い楽しい一皿。

コラボフェアー

空豆のフラン、カブのブイヨンに浮かべた、帆立貝とウニ、フキ、エストラゴン

下から混ぜて頂くのですが空豆のフランとウニを混ぜ合わせたら美味しいのなんのって

中央には大量の空豆を使ったフランとカブのブイヨンでまったりとクリーミーで美味しいし

魚貝から出る塩分も適当で美しく美味しい。

コラボフェアー

フランス ブレス産鶏胸肉のポシェ、小松菜、鶏のジュと毛蟹、辛みの利いたオイルとオレンジフラワーの香り

肉汁を閉じ込め、しっとりした肉質の鶏肉に風味が豊かな毛蟹の身の入るジュのソースで

フレンチらしい味わいですが、その作り方が並ではありませんでした。

コラボフェアー

リンゴ”あかね”ジュースの香ばしいメレンゲ、焦がしたビスキュイ、フラン&カラメルクリーム

コラボフェアー

ミニャルディーズは2種類です。

黒砂糖の器に持った、トフィー、カカオバターのクリーム

チョコレートのムース、パイナップルと日向夏のマリネ、焦がしたメレンゲ

コラボフェアー

ドリンクは、ハーブティー

という内容でした。

コラボフェアー

ワインは、前回も飲んだE.Guigal Cote du Rhone Rouge 2005のほか、

Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc / Domaine Michel Gros 2007

果実香が強く口当たりは柔らかですが、力強さと凝縮感もあり美味しいワインでした。

接客も良くコースの食事もどれも美味しいもので、十分に満足しました。

シェフばかりの厨房というのを見てみたかったです。

ミシュラン1ツ星獲得おめでとうございます。

前回はこちら

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1031-acc4a4ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。