スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストランミヤヴィ

2012. . 16
中央区にある「Restaurant MiYa-Vie(レストランミヤヴィ)」に行ってきました。

「ミシェル・ブラス・トーヤ・ジャポン」で初代日本人料理長を勤められた横須賀雅明シェフのお店です。

場所は、静かな住宅街の中、札幌市中央区南6条西23丁目4-23 アールブラン1F

店内は、白を基調にした清潔感あふれるモダンな感じでゆったりとした空間です。

TsuKiコース(7000円)をいただきました。

コースの内容は、

レストランミヤヴィ

アミューズブーシュ

前菜の構成、提供の仕方は新世代フレンチを思わせます。

レストランミヤヴィ

MiYa-Vie のシンボルマークから 葉野菜、実野菜、根野菜を海の香りでつつみ

香りが鮮烈で春野菜の旨みを詰め込んだような一皿で輪郭が明瞭で感心しながら美味しい

野菜をいただきました。

レストランミヤヴィ

フランス産黒トリュフを纏った白菜、ズワイガニとユリ根、酢橘の香りと豆乳に泡を添えて

甘味のある白菜にトリュフと酢橘の香りが食を引き出し、豆乳の泡で口当たりに優しさが

漂う印象に残る一皿でした。

レストランミヤヴィ

蒸し焼きにした松川鰈、牛蒡と山芋のピューレ、牛蒡のブイヨン、牛蒡のチップス、和梨をのせて

魚料理は松川鰈の蒸し焼きで、甘味のある和梨、山芋のピューレと、酸味の効いた牛蒡が使われています。

瑞々しく軽やかな味わいで、松川鰈と相性が良く和食に通じた1皿でした。

レストランミヤヴィ

香味オイルの中でポッシェした道産池田牛もも肉、大根のステーキ、芹とクレソンのソース、みかんと和からし

肉料理は、オイルの中でポシェした牛もも肉に、さっぱりした芹とクレソンのソースを合わせたものです。

脂身のない充実した赤身が美味しい牛肉で塩気が染み込んでいて美味しく、大根のステーキとともに

いただきます。アクセントには、みかんと和からしという和テイストが赤身の味を引き立てます。

レストランミヤヴィ

栗のクリームを包んだミヤヴィ風蒸しケーキ、ヘーゼルナッツ、

アールグレイの冷たいスープ、オレンジ、栗のリキュール風味のアイスクリーム

アールグレイが好きな自分にはうれしいデザートでした。

レストランミヤヴィ

小菓子

レストランミヤヴィ

ミニャルディーズ

ボリュームたっぷりなジャガイモのパウンドケーキです。

素材の風味が良く出た甘さ控えめなパウンドケーキでした。

こちらは、テイクアウトしました。

という内容でした。

レストランミヤヴィ

飲んだワインは、

白ワインは、アルザスのGewurztraminer(ゲヴェルツトラミネール) Vignerons a Turckheim 2005

赤ワインは、Chambolle Musigny Domaine Modot Pere et Fils 2004

E.Guigal Cote du Rhone Rouge 2005

を頂きました。

中でも、シャンボール・ミュジニーは、Domaine Modotの2004年が最後のヴィンテージです。

3代目の若い当主が交通事故で亡くなり、ドメーヌとブルゴーニュの所有している

畑をすべて手放してしまったそうです。

優しいタンニンとしっかりとした酸味があり、シャンボール・ミュジニーらしい美味しいワインでした。

北海道の素材を大切にした料理を堪能することができ、楽しい時間を過ごせました。

次回行くことになる、アレクサンドル ブルダス氏とのコラボフェアーが楽しみです。

Restaurant MiYa-Vieフレンチ / 円山公園駅西線6条駅西18丁目駅

夜総合点★★★★ 4.0



↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://takaki11.blog60.fc2.com/tb.php/1024-f9a97dd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。