FC2ブログ

握 群来膳

2016. . 10
小樽市にある「握 群来膳 (にぎり くきぜん)」に行ってきました。

群来膳

場所は、小樽市東雲町2-4 ヴィスタ東雲 1F

ミシュランで2つ☆を獲得した鮨屋です。

店内は、L字のカウンターに個室で、鮨屋らしい清潔感あふれる明るい雰囲気です。

昼は、おまかせ握り(5000円)のみとのことでそちらを頂きます。

群来膳

小樽の硝子工芸の器が使われていて、涼し気でよく、地元へのこだわりも感じられます。

家人にホテルまで運転してもらうことにして、小樽ビールピルスナーを頂きました。

肴に、岩海苔とクラゲの和え物が付きます。

群来膳

初めは、平目の昆布〆からです。

3日熟成されたもので、凝縮された旨みが感じられます。

酢は優し目で温かいシャリ、きっちりと一体感があり、すこし硬め握りで口の中でほどけるよい感じです。

基本、貝類以外は、熟成されてるとのことでした。

群来膳

トロは、鳥取県境港市で揚がったもので1週間熟成されたもので、

包丁をいれていて旨みが広がるようになっています。

群来膳

蝦夷鮑は、そのままで食感を楽しむものです。

やはり、蒸し鮑が煮鮑のほうが好みです。

群来膳

蝦蛄です。

もう終わったものだと思っていった小樽の春蝦蛄で、時々網にかかるそうです。

群来膳

縞鯵は、ピンクと銀色の色彩がきれいで旬らしい上品な味わい

群来膳

スルメイカは、1日寝かしてねっとりとした食感に、塩で甘みを増しています。

群来膳

鰊は、足の速いものをそのままで戴けるのは、地元ならではで、脂の乗りがよく、旨みが濃いです。

群来膳

岩海苔のお椀

海老と鰹の出汁で海の風味がよく感じられます。

群来膳

北寄は、苫小牧産の黒北寄で甘みが強い

群来膳

イクラは、大粒でプリッとし、丁度良い薄味で、さらりとしたもの、海苔も、パリッとしていて美味しい。

群来膳

帆立は、野付半島産の手割きで厚みがあり、口の中で溢れるような甘みが広がります。

群来膳

時不知は、漬けられていて、柔らかくしっとりして美味。

群来膳

牡丹海老は大振りで海老味噌をのせて供され、味噌と身の甘みとぷっりとした食感が良い。

群来膳

雲丹は、浜中産で旬に入ったので、濃厚で甘さが口の中で広がっていきます。

これで、おまかせ1通りです。

追加で少しいただきます。

群来膳

穴子は、宮城産で限界まで炙られて、ふんわりとして、甘めのつめで口の中でとろけていきます。

群来膳

きんきは、網走産の釣きんきで肝をのせて供されます。

肝がのっている分まったりとした旨みがあります。

大将が、こぎみよく説明してくださり、楽しい時間を過ごせました。

小樽の鮨にあまり良い印象を持っていませんでしたが、ここは良いお店でした。

ただ、後ろのセラーに置かれている全国の銘酒が飲めなかったのが残念でした。

群来膳寿司 / 小樽駅

昼総合点★★★★ 4.0



↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト