FC2ブログ

鮨ノ蔵

2016. . 08
中央区にある「鮨ノ蔵」に行ってきました。

鮨ノ蔵

場所は、札幌市中央区南2条西4 乙井ビル B1F

店内は、カウンターのみでこじんまりとして隠れ家的な雰囲気です。

頂いたのは、特別おまかせコース7000円です。

鮨ノ蔵

付き出しは、おひたしで上に乗った桜えびの風味が良いものです。

鮨ノ蔵

牡蠣は、口の中に含めば、流れ出すミルキーな旨みたっぷりでまったりと余韻が広がります。

鮨ノ蔵

ウニとマイタケの茶碗蒸しは、固まっていない状態でとろみがよく絡みます。

鮨ノ蔵

ババガレイの刺身は、神経締めされてあり、塩と本ワサでいただきます。

鮨ノ蔵

青ゾイの焼物は、風干ししてありまったりとした旨味が良い。

鮨ノ蔵

戸井のマグロの刺し身は、キメが細かく良いものです。

鮨ノ蔵

ここでさっぱりと菜花のおひたしで口直しです。

鮨ノ蔵

キンキの炙りは、低温調理され旨味が逃げないようにしてあり、炙ることで皮目の旨さもでています。

鮨ノ蔵

タコのグリルの漬けで、改めてタコとゴマ油の相性の良さを感じます。

鮨ノ蔵

ズワイ蟹身のの味噌和え

鮨ノ蔵

真タチは、クリーミーで驚くほどの濃厚さがあり口の中での余韻が長く美味しい

鮨ノ蔵

根ホッケの刺し身は、寝かせてあり白身なのに旨味が濃い

鮨ノ蔵

豆腐の白和え

鮨ノ蔵

ここで箸休めが2品続きます。

鮨ノ蔵

あさりの酒蒸しは、きんきで出汁をとってありコクが感じられます。

鮨ノ蔵

しめじと青菜のお浸し

鮨ノ蔵

真いかの刺し身は、山わさびが乗せられています。

寝かせてあるだろうねっとりとした歯ごたえと、甘味も感じられます。

鮨ノ蔵

ここから、握りでババガレイの縁側

赤紫蘇がたっぷりと振りかけられています。

握りは、小ぶりで甜菜糖で茶色く色づいた酢飯が使われています。

鮨ノ蔵

鰯です。

細かく切られていて手の込んだ握りです。

光物ですが、独特の旨味がよく出ています。

鮨ノ蔵

戸井の鮪のトロ

軽く炙られて炙ってあり、鮪の旨味が口に広がります。

鮨ノ蔵

カジカなのに歯ごたえがあり、しっかりとした旨味があります。

鮨ノ蔵

〆鯖は、5手間かけているそうで、しっかりとした味わい

鮨ノ蔵

平目は、淡白に良いもの

鮨ノ蔵

北寄貝は、黒北寄を使ってあり噛むと甘味が溢れでてきます。

鮨ノ蔵

鰊は、三枚つけにしてあり、独特の癖が抑えられてあります。

鮨ノ蔵

戸井のマグロの食べ比べ、脂の溶け出しの違いがよくわかります。

鮨ノ蔵

バフンウニは、濃厚でコクのあり納得の美味しさ

魚の特質を熟知されているだろう、熟成させた旨味をよく引き出したつまみと握りで満足感を得ました。

予約が取りづらそうなので、2月にもう一度抑えて店を後にしました。

鮨ノ蔵寿司 / 西4丁目駅大通駅すすきの駅(市電)

夜総合点★★★☆☆ 3.8



↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト