FC2ブログ

北海道フレンチ「ラ・ブリック ](La Brique)(13)

2015. . 11
中央区にある「北海道フレンチ「ラ・ブリック (La Brique)」に行ってきました。

半月ぶりの訪問です。

今回は、ミルクラムとホワイトアスパラをコースに入れてほしいと希望してのディナーです。

店内は、48席でカウンターも有り、明治9年から積み上げたレンガ(ブリック)に、

モダンなスカンジナビアティストを散りばめた設えだそうで、開放感のある空間です。

ラ・ブリック

記念日ということでChampagneで乾杯です。

ラ・ブリック

シャンパンは、PIERRE MIGNON(ピエール・ミニョン)です。

ロイズの生チョコレートに使われているシャンパンで、香り良く繊細な泡で、スッキリした飲みくちで余韻が長い

シャンパーニュという印象です。

ラ・ブリック

アミューズは、真狩産越冬人参のムースに蕪のヴルーテ上には雲丹が乗っています。

越冬人参が甘味がよく、滑らかな口当たりが良い感じです。

ラ・ブリック

しっかりした太さと大きさのある日高産のホワイトアスパラにミモレットチーズに熟成生ハムが添えられています。

穂先の甘味が強くとほんのりとした塩味とミネラルを感じ、まろやかなオランデーズ系のソースを絡めていただきます。

ラ・ブリック

魚料理は、オマール海老です。

旨みたっぷりでプリッとしたオマールに、ソースは、濃厚さのあるブイヤベースソース、アクセントに香草です。

ラ・ブリック

足寄の石田めん羊牧場の乳飲み仔羊です。グリーンアスパラが添えられています。

ミルクラムは6月前後にしか味わえない貴重な食材で、しかも絶品の石田めん羊牧場のサウスダウン種です。

仔羊の鞍下肉、股肉の背側、上部の肉などをロール状にして供され、ソースはペリグーソースです。

きれいなピンク色したミルクラムは、とろけるほど柔らかく、噛むとミルクの甘さをほんのりします。

ホワイトアスパラにミルクラムで初夏に向けて季節の変わり目を感じました。

ラ・ブリック

道産チーズの盛り合わせ

癖の少ない食べやすいものでしが、しっかりとしたコクが有ります。

ラ・ブリック

デザートは、竹鶴物語です。

竹鶴ブランドのピュアモルトを使ったデザートで上に乗ったアイスも竹鶴ピュアモルトに漬けた干し葡萄のアイスクリームです。

ラ・ブリック

レストランから記念日ということで花束を頂き、家人も感激していました。

ラ・ブリック

小菓子

ラ・ブリック

珈琲

という内容でした。

久々にゆったりしたディナーで、すっかり長居しましたが記念日に気持ち良く、記憶に残る時間を過ごさせてもらいました。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト