FC2ブログ

Restaurant MiYa-Vie(3)

2014. . 27
中央区にある「Restaurant MiYa-Vie(レストランミヤヴィ)」に行ってきました。

1年9カ月ぶりにランチでの訪問です。

場所は、静かな住宅街の中、札幌市中央区南6条西23丁目4-23 アールブラン1F

店内は、白を基調にした清潔感あふれるモダンな感じでゆったりとした空間です。

頂いたのは、3300円のランチコースです。

MiYa-Vie

レンズ豆、フロマージュブランと鶉の卵、黒糖と酸味をアクセントに

クミン風味のサックリしたチュールが添えられています。

アミューズとして、程よい酸味が食欲を駆り立てます。

MiYa-Vie

MiYa-Vie のシンボルマークから、葉野菜、実野菜、根野菜を海の香りでつつみ

彩りもよく、一つ一つの冬野菜の旨味が相変わらず素晴らしい

美味しい炊き合わせに通じる1品です。

MiYa-Vie

自家製パン

自家製の酵母のパンで、皮はハードで中は結構濃い味わいにむっちりした食感で香り良く美味しい。

MiYa-Vie

柿のロースト、里芋を浮かべた舞茸のクリーム

周りに散らされたカラスミの辛味とみかんの香りと酸味でまったりした味わいにアクセントが添えられています。

MiYa-Vie

魚料理は、ソイのポアレです。

ブラウンマッシュルームを纏った茄子が対側に、真ん中に素揚げした銀杏上に食用の菊花

皮目はバリッと香ばしく焼かれ、脂ののりが良く白身らしいしっとりとした味わいで美味

茄子は、それ自体の香りは穏やかで味も繊細な感じです。

程よい甘さサツマイモのクリームでアクセントをつけていただきます。

MiYa-Vie

蒸し焼きにした新冠産黒豚肩ロース

カリフラワーとキャベツ、ポワレした帆立貝とそのソースです。

低温調理されただろう豚肉の上には、リンゴと生姜を添えてあり、

豚肉本来の甘みがたっぷりでとろけるような柔らかさです。

付け合せのホタテもしっかりとした食感で旨みがだたソースも味わい深い

MiYa-Vie

デザートは、ヴァニラ風味の南瓜のクリームの上に載せた南瓜のパンペルデュ

玄米茶のアイスクリームが上に乗っています。

玄米のカラメルソースろアジャン産プルーンが添えられています。

かぼちゃ自体の自然な甘さが種で意外と甘さ抑え目で食べやすいデザートです。

MiYa-Vie

小菓子

ミルク羊羹に砕いたヘーゼルナッツがきな粉を模してかかったまさにお茶請けという感じです。

MiYa-Vie

ミニャルディーズ

この店の定番ボリュームたっぷりなパウンドケーキです。

大学芋を思わせるパウンドケーキです。

こちらは、満腹なので包んでいただきお土産にしました。

MiYa-Vie

ハーブティー

鉄瓶で供されたっぷりで嬉しい。

最初に、レモングラスを感じ、だんだんハーブ的な味わいがありさっぱりといただきました。

最後は、横須賀シェフと奥様が外まで見送ってくださいました。

和のテイストたっぷりのモダンのフレンチは、体に優しい味わいでした。

前回はこちら

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト