スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道フレンチ ラ・ブリック (La Brique)(4)~タテルヨシノフェアー~

2012. . 31
中央区にある北海道フレンチ「ラ・ブリック (La Brique)」に行ってきました。

場所は、札幌市中央区北2条東4丁目 レンガ館1F

5か月ぶりの訪問です。

店内は、48席でカウンターも有り、明治9年から積み上げたレンガ(ブリック)に、

モダンなスカンジナビアティストを散りばめた設えだそうで、開放感のある空間です。

今回は、タテルヨシノフェアーで行きました。

タテル ヨシノのオーナーシェフの吉野健氏のスペシャルディナーです。

内容は、

ブリック

グジェール

定番のグジェールは、口当たりが柔らかく、ほど良い甘味があり美味しいです

ブリック

トウモロコシのエッセンス ジュレ仕立て

トウモロコシの甘味たっぷりのジュレで上には、カプレーゼ、イベリコとビスタチオです。

ブリック

トーションフォアグラ ビーツ添え

吉野シェフの十八番、フォアグラ料理です。

トーション仕立てのフォアグラは、しっとりと舌になじむようにとろけ、上品な味わいです。

ブリオッシュとの相性も良く、ビーツの赤が彩りに華があります。

ブリック

リ.ド.ヴォーとラングスティーヌのテリーヌ

リー・ド・ヴォー(仔牛胸腺肉)とラングスティーヌ(手長エビ)のテリーヌです。

ラングスティーヌの味わいが濃厚で、海老もしっかりとした食感がありあます。

リー・ド・ヴォーの存在感が少し薄い感じがありますが美味しい一皿でした。

ブリック

大鮃のロースト ブイヤベースソースで

大鮃は低温調理されていて柔らかく、味がたんぱくなので濃い目のブイヤベースソースでいただきました。

低温調理自体があまり好きではなく、和食の煮魚のほうが理にかなっている気がします。

ブリック

シャラン鴨のロースト フォアグラ フォルシ

しっとりと柔らかなロゼ色に焼き上げられていて見た目から美味しそうです。

カナールのファルシで、フォアグラを詰めています。

身の柔らかさと皮目の焼きあがりが良く、口の中でフォアグラのまったりとしたとろけ具合も良く

鴨好きの自分には堪らない一皿でした。

ブリック

シェフセレクトのフロマージュ

別会計でいただきました。

熟成感のあるもので、特にエポワスは、ウォッシュらしい香りと旨みがあり美味しい

ブリック

アヴァン.デセール

ブリック

ラム酒香るババ

ブリック

紅茶と小菓子

という内容でした。

途中に、吉野シェフ自ら各テーブルを回られ、記念撮影をさせていただきました。

フェアーですが、ゆったりした構成で、料理は、さすがのコースで満足度は高かったです。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。