スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶泉 御所坊 夕食

2010. . 30
夕食は部屋で頂きました。

食事は、旬の活けの松葉ガニと神戸ビーフを盛り込んだ山家料理ということでした。

内容は、

陶泉御所坊

八寸

美しい八寸。上に飾られているのは真っ赤なもみじ下には黄色のもみじに、

イチョウとオレンジ色の柿の葉を模したものは食べられます。

海老のチーズ斜込み、白菜の合鴨巻き、炙り秋刀魚寿司、里芋など、様々な料理は地産地消を

心がけていて、飽きさせない薄味のさっぱりしたものでした。

陶泉御所坊

キャベツ豆乳豆腐

柔らかくとろとろで、キャベツの甘味とバターの風味があり、

鶏ガラのスープでできた餡の味がとても良い感じでした。

陶泉御所坊

造り

本鮪、カンパチ、鱧の湯引き、松葉ガニ

赤身はじっくりしたマグロの旨味が味わえるものでした。

カンパチ、鮪とも、厚切りでブリブリした食感で美味しい。

鱧の湯引きは、骨切りして食べやすいサイズに切られて、淡白で美味しい。

透明感あふれる清々しい松葉ガニの刺身は、もっちりとした食感が独特で上品な甘みがあり、

モンゴル岩塩でいただくと甘みが増して美味しい。

陶泉御所坊

焼き物

旬の活けの松葉ガニを炭火焼でいただきます。炭火の香りはうれしいですね。

豪快な焼きガニは、刺身でも食べられるもので鮮度が良く、旨味があり美味。

松葉ガニの味噌は独特の芳香とくどすぎない甘みがありました。

陶泉御所坊

神戸牛の石焼き

淡路玉葱に紫芋。神戸牛はサーロインです。

量は1人当たり100グラムくらいで、好みの焼き加減でゆったりといただきます。

肉質は良く、刺しが十分に入ったもので、モンゴル岩塩で肉の旨みが味わえます。

陶泉御所坊

菊芋

シンプルなものですが、なんともいえない上品な甘味があります。

陶泉御所坊

茹で松葉がに

甲羅盛りになっていています。

ほぐされていて、ほんのりと甘い後味のとても食べやすいものです。

陶泉御所坊

御飯、赤出汁、香の物

ご飯は白木のおひつに入っています。

炊き方も心地よい白米で、自分好みの堅めに炊かれていて美味しい

陶泉御所坊

水菓子

温州蜜柑ゼリー寄せ、洋梨、柿、林檎の蜜煮

少しずつ手の入った果物が美味しい

ワインがすごく充実して手頃なものから、ロマネコンテまで豊富です。

産地にもバラエティがありました。

自分たちは、生ビールの他、ペナー アッシュ リースニング 2007をボトルでと、

グラスでブルゴーニュルージュをいただきました。

ボリュームたっぷりで、旬の味を十分に堪能できました。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。