fc2ブログ

そば処「楽一」

2009. . 15
ニセコにある、そば処「楽一」に行ってきました。

以前から食べてみたいと思っていましたが、なかなか行く機会に恵まれませんでした。

DSC00795_convert_20090715063636.jpg

場所は、道道66号線からニセコアンヌプリスキー場の入り口から、およそ20m程進んだ右側。

ここには3棟のロッジ風の建物があり、すべて御主人の手作りということです。

店内は、カウンターのみ12席で、木目の温かみのある落ち着いた大人の隠れ家という感じです。

入り口には、行儀の悪い方の入店はお断りしますと書かれていました。

注文したのは生粉せいろ 840円。

注文すると、目の前で打ち始めます。それから専用の包丁で切って茹でるので、

少々時間は掛かりますが、そばを打つ御主人の手さばきをカウンターから眺められ、

ゆったりとした時間が流れるようで日ごろの雑踏を忘れさせてくれます。

DSC00796_convert_20090715063714.jpg

生粉せいろは、今では幻といわれる牡丹種の玄そばを石臼引きで自家製粉したものです。

「牡丹種」の香りを逃さないために、その日の量だけ石臼で挽くこだわりようです。

DSC00797_convert_20090715063747.jpg

蕎麦は、細めで色は黒、牡丹種の蕎麦らしい香があります。

何もつけずに手繰ると、口の中に蕎麦の甘味が広がり、細い割りにコシもあります。

つゆは鰹節とイリコで風味良く、返しもスっきりで、辛めのすっきりした味わいです。

つゆをつけて食べると、ツルツルとした喉越しに、涼やかな余韻が後を引きます。

美味しい蕎麦です。

薬味のほかに、とろろがついていました。

そば湯は、透明のそのままのものでしたが、つゆに足して飲むとまた違ったやんわりとした

感じがします。

ちなみのこの生粉打ち蕎麦は一日限定30食だそうです。

夜はそば会席もあるので、夜は一杯飲みながら食べてみたいです。

和服の似合う女将さんのサービスも品があり、一度訪れてみる価値のある店です。

そば処 楽一 (そば / ニセコ町その他)
★★★★ 4.0



参加しています。応援お願いします
↓ポッチっとお願いします。↓
banner_04.gif

食べログ グルメブログランキング
スポンサーサイト