スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永坂更科 布屋太兵衛 大丸店

2009. . 31
「永坂更科 布屋太兵衛 大丸店」に行ってきました。

DSC00670_convert_20090531091552.jpg

「永坂更科 布屋太兵衛」の総本店は麻布にあり、1789年創業という屈指の老舗蕎麦屋です。

「永坂更科」の名は、地名「麻布永坂」の「永坂」と、初代店主の故郷「更科郡」の「更」と、

領主であった「保科家」の「科」に由来しているそうです。

この店の看板メニューは何と言っても、「御前そば」です。

蕎麦の実の甘皮を除き、芯のみを贅沢に打ち上げた純白の蕎麦です。

江戸時代、将軍大奥の御用にもなっったことから、「御前そば」と名を許されたそうです。

店内は、木の温かみのある和風のつくりで、テーブル席と小上がりがあります。

注文は、野菜天御前1380円にしました。

DSC00672_convert_20090531091659.jpg

待っている間に、つゆと薬味が運ばれてきます。

DSC00671_convert_20090531091630.jpg

から汁とあま汁の2種類と薬味はネギと山葵

から汁とあま汁の2種類分けられているのは個人的にはポイントが高いです。

つゆは、じっくりと熟成された秘伝の返しと、厳選された厚削りの鰹節でとられた出汁を

配合して作られています。

から汁は、すっきりした味でやや辛めくらいで、

甘汁はかなり甘いのでから汁のみでで食べることにしました。

DSC00673_convert_20090531091728.jpg

「御前そば」は、真白で、透き通った感じのそばでした。

そばの香りはなく、デンプンが多いので、プッチリとした食感で、

淡白でのどごしの良い上品な味です。

個人的には、「生粉打そば」のほうが好きですが、

これからの暑い季節には、食べる時に気合いがいらないのでバテ気味の時にはいいです。

DSC00675_convert_20090531091802.jpg

野菜天は、人参、なす、かぼちゃ2、ししとう、椎茸、しめじでした。 

揚げたて熱々で、ごま油の香りもして、なかなか美味しいですが、

個人的にはもう少しからっと揚がったほうが好みです。

そば湯は、熱々で透明でした。

サービスは、目が行き届いているようです。

上品且つ華麗な御前蕎麦をゆっくり食べるという店で、のど越しが大事な人には良いです。

永坂更科 布屋太兵衛 札幌大丸店 (そば / 札幌、さっぽろ、北12条)
★★★☆☆ 3.5



参加しています。応援お願いします
↓ポッチっとお願いします。↓
banner_04.gif

食べログ グルメブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。