スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどん家 こむぎ(3)

2016. . 23
西区にある「うどん家 こむぎ」に行ってきました。

こむぎ

1年4か月ぶりの訪問になります。

場所は、札幌市西区八軒七条東4-1-11

店内は、カウンターにテーブル席、小上がりがあり黒を基調としたシックでモダンな空間です。

注文は、家人がかしわ天ぶっかけ(冷)、自分は、夜限定のこむぎカレー(1080円)にしました。

こむぎ

家人注文のかしわてんぶっかけです。

いつもながら揚げたて熱々のかしわ天ですので、家人はやけどしないよう、ゆっくりと食べていました。

こむぎ

夜の時間に来たのが初めてでしたので、前々から食べたかったのですがやっと食べることができました。

カレーがはねることもあるとのことで、前掛けを頂いて食べます。

こむぎ

こむぎカレーは、小海老天が5個、素揚げされたかぼちゃ、茄子とししとう、ゆで卵半分に豚肉で

具だくさんのカレーうどんです。

カレーは、スパイス感もありますが、上品な出汁の風味がしっかりあるうどん屋さんらしいカレーで

辛さは中辛ほどです。

道産小麦100%と自然海塩で作ったコシの強いうどんとの相性も良く、歯ごたえも最後まで失われないのは

さすがでした。

夜限定のカレーうどんを、食べることができて満足して店を後にしました。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

手打ちうどん ほくほく庵(6)

2016. . 24
長沼町にある「ほくほく庵」に行ってきました。

ほくほく庵

5ヶ月ぶりの訪問です。

場所は、夕張郡長沼町西4線南5

国道274号線にある看板を目印に曲がっていき、広大な土地の中、ぽつんとあります。

店内は、畑を見渡せるカウンターにテーブル席で木をふんだんに使った温かみのある雰囲気です。

カウンターからは、のどかな風景が眺められます。

今回は、家人が夏季限定の「冷山かけ」、自分は、やはりよく頼む「天ざる」にしました。

ほくほく庵

家人注文の冷山かけです。

わかめ、青ねぎ、海苔、鰹節、とろろ、卵黄、人参の千切りで見た目もよく栄養バランスも良さそうです。

ほくほく庵

自分注文の天ざるです。

ほくほく庵のうどんは、道内産の小麦粉を使った手打ちで、適度な歯ごたえに、もっちりした食感が特徴です。

この日は、いつもより幾分、コシが弱く感じましたが、もっちりした食感とのど越しは良い感じで、

ほのかに小麦の味わいも感じました。

ほくほく庵

天ぷらは、海老に2尾に地元で採れたの野菜の天ぷらです。

揚げたて熱々で、軽めにさっくりとした衣に素材の甘みが心地よいです。

いつもながら、混んでいて20分ほど待ちましたが、やはりこの時期の緑豊かな風景を見ながらの食事は格別です。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

手打ちうどん ほくほく庵(5)

2016. . 06
長沼町にある「ほくほく庵」に行ってきました。

手打ちうどん ほくほく庵

7ヶ月ぶりの訪問で冬に来たのは初めてです。

場所は、夕張郡長沼町西4線南5

国道274号線にある看板を目印に曲がっていき、広大な土地の中、ぽつんとあります。

店内は、畑を見渡せるカウンターにテーブル席で木をふんだんに使った温かみのある雰囲気です。

カウンターからは、のどかな風景が眺められます。

今回は、家人ともども、特上鍋焼きうどんですが、 自分は、大盛りにしました。

手打ちうどん ほくほく庵

湯気を立てて運ばれてきた「鍋焼き」は、見るからに身体が温まりそうです。

特上は、通常の鍋焼きに揚げ餅と海老が入り、具の豪華さが増します。

手打ちうどん ほくほく庵

うどんは、シコシコとはいきませんが、モチモチした食感で、噛みしめるとほのかな小麦の甘みを感じられます。

色が薄く見える出汁も、鰹だしがよく出ていてコクがあり、うどんとの相性が良く丁寧さがわかります。

食べ終わるとじんわりと汗が吹き出して、体の芯から温まりました。

「ほくほく庵」は、2月中は地吹雪のため冬休みで3月4日から再開です。

また近くに来た折には寄りたいお店です。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

手打うどん かとう

2015. . 07
名古屋市にある「手打うどん かとう」に行ってきました。

手打うどん かとう

場所は、名古屋市中村区太閤通3-26

3ヶ月半ぶりの訪問です。

店内は、カウンターにテーブル席で、木をふんだんに使った清潔感があり明るく落ち着いた雰囲気です。

手打うどん かとう

まず初めに、ビールをいただきます。

ビールは、ハートランドで懐かしい気がします。

手打うどん かとう

前回も頂いたおでんを大根、牛すじに玉子をいただきます。

今回も、辛味噌でいただきますが、しっかりした味噌おでんはやはり美味しい。

手打うどん かとう

野菜天ぷら盛り合わせは、玉ねぎ、蓮根、さつまいも、人参に獅子唐の5種類で、油切れもよく

さっくりとした揚げ具合です。

手打うどん かとう

かしわ天ぷら盛り合わせは、一口大の大きさで当然揚げたて熱々を楽しめます。

手打うどん かとう

メニューにはない舞茸とトマトの天ぷらもいただきます。

手打うどん かとう

しらす大根は、しらす干しと揚げたしらすが載っていて、醤油ではなく酢橘を絞っていただきます。

すだちの爽やかな香りと、食感の違うしらすのハーモニーが良い1品です。

手打うどん かとう

肉汁釜揚げうどんの抜きは、黒毛和牛にごぼうで塩梅の良い出汁で十分に酒が飲めるものでした。

手打うどん かとう

〆に生醤油うどんをいただきます。

ツルツルシコシコとよく言う讃岐うどんで、歯切れが気持ち良く、喉越しも最高なものでした。

前回のときと違い、今回はご主人の加藤さんが作ってくれて、うどん通ではない自分でも違いがはっきりとわかる

美味しいうどんでした。

メニューにない物は、友人が常連だから出していだだけるもので、フッラット行かれて出てくるものではありません。

厨房は、もうすぐ、お弟子さんが独立され、ご主人1人でやられるようになるそうで、

手が回らないためうどん1本で営業されるそうです。

それでも、次回名古屋に来た折にも行きたいお店です。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

太門 (タモン)

2015. . 19
名古屋市にある「太門 (タモン)」に行ってきました。

太門 (タモン)

場所は、名古屋市千種区今池5-9-18 衣笠ビル 1F

店内は、白木のカウンターで、うどん打ちが見える白を基調にした清潔感が明るい雰囲気です。

太門 (タモン)

まずは、エビス生にお通しで乾杯です。

お通しは、四種盛り合わせで前菜のように少しずつでゆったりと楽しめます。 

太門 (タモン)

冷奴は、 「豆一本舗」というところのを使ってあり、濃厚で甘みもしっかりで美味しい

太門 (タモン)

讃岐の竹輪天

4種類あり、それぞれに旨味が強く、ほっくりと揚がっていて酒が進みます。

太門 (タモン)

〆のうどんは、すだちコロを、ミニサイズがあるとのことでそちらにしました。

綺麗ににすだちが並び、見た目から食をそそります。

太門 (タモン)

酢橘の酸味が讃岐ほどいりこが感じられず優しい味わいの出汁に加わり爽やかさを演出しています。

うどんは、少し柔らか目でですが、喉越しは抜群で〆にはちょうどよい感じでした。

饂飩居酒屋のような感じで頂きましたが、ゆったりと出来る雰囲気で〆のうどんも悪くはないと感じました。

太門うどん / 今池駅千種駅池下駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。