スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行 最終日

2014. . 18
フランス滞在6日目でこの日が最終日になります。

フランス旅行 最終日

この日も朝食は、ホテル1階にある「ファースト,レストランブドワールパリ」のバッフェです。

フランス旅行 最終日

和食のコーナーがあったので、和食中心で頂きます。

ご飯は、白米のほか雑炊もあったのでそちらにしました。

味噌汁もきちんと、だしをとっているようでなかなか美味しいものでした。

帰国は、夜便ですのでまだまだ時間があるので観光に出かけました。

フランス旅行 最終日

メトロで、モンマルトルに向かいました。

駅から、階段を登って、サクレ・クール聖堂に

白く輝くビザンチンスタイルの教会です。

フランス旅行 最終日

ドームまで登ろうと思いましたが、観光客と参拝者でごった返していたので断念しました。

フランス旅行 最終日

ドームからではないですが、モンマルトルの丘からでもパリの景色を楽しめました。

その後、モンマルトルを散策しながら、Café des Deux Moulin (カフェ・デ・ドゥ・ムーラン)に向かいました。

フランス旅行 最終日

Café des Deux Moulinです。

映画「アメリ」で、ヒロインのアメリが働いていたカフェです。

フランス旅行 最終日

店内は、観光名所でもあるので賑わっていて、アメリのポスターも飾られています。

フランス旅行 最終日

注文は、お約束のクレームブリュレセット(8.5ユーロ)にしました。

飲み物は、ショコラにしました。

フランス旅行 最終日

クレームブリュレは、香りよく、口当たりが滑らかでカラメルのほろ苦さがアクセントになっています。

映画を思い出しながら食べるといっそう美しく感じます。

最後はやはり、エッフェル塔ということでメトロで向かいます。

フランス旅行 最終日

メトロの駅からも、結構な人出でゆったりと向かいます。

フランス旅行 最終日

近くで眺めるエッフェル塔は、やはりパリの象徴という感じがします。

フランス旅行 最終日

メトロも地上を走る、ビル・アケム橋からのセーヌ川とエッフェル塔です。

フランス旅行 最終日

4時までレイトチェックアウトを頼んでいたホテルを出て、タクシーで空港に向かいます。

渋滞を予想していましたが思いの外スムーズに空港につきました。

フランス旅行 最終日

出発まで、エールフランスのラウンジで待機します。

さすがフランスという感じで、ワインが充実していて、スパークリングではなくシャンパンが置かれています。

フランス旅行 最終日

機内でも飲むので、普通にミネラルウォーターにしました。

夜便ですのですっかり寝てしまい、あっという間に、日本に着いた印象でした。

久々のフランス旅行でしたが、思いのほか充実した一週間で楽しかったです。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

フランス旅行5日目

2014. . 17
5日目は、特に予定もなくのんびりと8時過ぎに起床です。

フランス旅行 5日

朝食は、ホテル1階にある「ファースト,レストランブドワールパリ」です。

フランスらしいバロック様式でシックで落ち着いた雰囲気です。

バッフェ形式の朝食で、結構種類が豊富で楽しめます。

フランス5日目

しっかり目の朝食で、こんな感じでいただきました。

フランス5日目

少し部屋でのんびりとした後、エトワール凱旋門にメトロでいきました。

折角ですので、凱旋門に入場することにしました。

フランス5日目

途中の広場にある胸像です。

他に「無名戦士の墓」を見下ろせるライブカメラや、「戦争と平和・凱旋門が語る歴史」をテーマとした博物館を

見ることができます。

フランス5日目

戦士らしい像もあります。

フランス5日目

凱旋門の屋上から見えるエッフェル塔側のパノラマです。

凱旋門の屋上までは螺旋階段で登り、高さは約50メートルあります。

日本のビルで約12階分で結構な運動量があります。

フランス5日目

シャンゼリゼ大通り側の風景です。

フランス5日目

その後は、そのままシャンゼリゼ大通りをかいものがてらのんびりと散策します。

フランス5日目

お土産も買い、少し雨が強くなってきたので、メトロでホテルに戻りました。

フランス5日目

夕食は、パサージュの中にある「パサージュ53」にいきました。

ミシュラン2ツ星で日本人の佐藤伸一シェフのレストランです。

以前札幌のエノテカでシェフをされて以来で10数年ぶりに料理をいただくのを楽しみにしていました。

レストラン自体はこじんまりとして白を基調にして明るく落ち着いた雰囲気です。

フランス5日目

まずは、シャンパンから

フランス5日目

スープは、コンソメで良い香りで食をそそります。

フランス5日目

アミューズは、フォアグラの上にプリッとした牡蠣上には牡蠣の旨みを吸ったジュレで多い、

野菜が散りばめられています。

フランス5日目

鮑のソテーにニョッキでカプチーノ仕立てになっています。

フランス5日目

魚料理は、低温調理された舌平目でしっとりとして美味です。

キノコが、白シメジでしたが、日本から持ってきているのか、こちらにもあるのか疑問です。

フランス5日目

魚料理2皿目は、ホタテのソテーで60ユーロプラスでたっぷりの白トリュフがスライスされています。

半端ないトリュフの香りがなんとも言えず、しっとりとしたホタテの仕上げ具合が絶妙でした。

フランス5日目

肉料理1皿目は、鶏で皮目パッリとしてこちらもジューシーで美味しく、クリームソースとで美味しくいただきます。

フランス5日目

肉料理2皿目は、鹿でマデラソースです。

鹿肉は、ヒレの部分を使っているのか柔らかく、ソースを合わせてもなんとなく物足りない感じで得した。

普段、鹿肉を食べる機会が多いからかもしれません。

フランス5日目

口直しのソルベ

フランス5日目

デザートは、3種類で、モンブランが大人の甘さで好みでした。

フランス5日目

食後に、エスプレッソではなく、普通の珈琲をいただきました。

流石に札幌にいた時より、洗練されていてそれとなく日本料理的な手法が入っている感じです。

1皿の芸術性は、やはり、ル・ミュゼの石井誠シェフに通じるものがあります。

少ししか、話す機会がありませんでしたが楽しい食事時間でした。

それにしても、ナショナルビルにあったエノテカは今から考えてもすごいレストランだった気がします。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

フランス旅行 4日目(2) オンフルール他

2014. . 16
フランス旅行 4日

名残惜しいですが、モンサンミッシェルに別れを告げ、昼食レストランのあるポンレヴェック村に

向かいます。

フランス旅行 4日

ノルマンディー地方の特徴的な家屋が並ぶ、こぢんまりしたのるまんでぃーらしい

素朴な田舎の村という感じのポンレヴェック村

フランス旅行 4日

「La Pomme D'Or」という通りの角にあるレストランでランチになります。

フランス旅行 4日

店内は、意外に広く明るい雰囲気で、遅めのランチですので空いていました。

フランス旅行 4日

まず前菜にサラダです。

キュウリ、トマト、ポテトに人参で酸味が効いてピクルスのような味わいでした。

フランス旅行 4日

赤ワインを注文しました。

フランス旅行 4日

赤ワインは、今年のボジョレーで、軽めの割にすっきりとした飲みやすいものです。

フランス旅行 4日

ポンレヴェックチーズを別会計で注文しました。

格安で1ホール5ユーロでした。

ボンレヴェックのチーズは「ノルマンディー3大チーズ」のひとつと言われているウォッシュチーズです。

コクがありますが、クセがなく食べやすく美味しいものでした。

フランス旅行 4日

中にハムを包み、上にチーズと目玉焼きをのせたガレットです。

そば粉を使ったクレープのようなもので、ブルターニュ地方の郷土料理です。

分厚めのしっかり食べごたえのあるガレットだった。

フランス旅行 4日

バターと蜂蜜のクレープ

バターと砂糖で焼いたクレープに別添えの蜂蜜をかけていただきます。

素朴ですが、明るい接客と味のある料理でランチには良かったです。

フランス旅行 4日

昼食後は、ノルマンディーの美しい港町オンフルール(Honfleur)に

着いた時には、少し火が傾き始めていました。

オンフルールは印象派発祥の地といわれ、画家ウジェーヌ・ブーダンの故郷です。

その影響でセザンヌ、モネといった画家たちが訪れ、のどかな港の風景を描いたといいます。

フランス旅行 4日

自由時間の散策を楽しみます。

フランス旅行 4日

結構な賑わいで、印象はの画家が好んだ美しい街ということまあってアートギャラリーが多数あります。

フランス旅行 4日

オンフルールのシンボルである15世紀にできた、サント・カトリーヌ教会の鐘楼です。

フランスでも最大といわれる 木造の教会です。

フランス旅行 4日

風景画のような情景で、今回の旅行で1番気に入った写真です。

ゆったりと散策した後は、パリに向かいます。

フランス旅行 4日

パリの解散場所であるオペラ座に向かう途中、エッフェル塔のイルミネーションを車窓から撮ってみました。

フランス旅行 4日

夜8時すぎにチェックインです。

今後2日間宿泊する、ウェスティン パリ ヴァンドームホテルです。

パリ1区のあるホテルは、ヴァンドーム広場、ルーヴル美術館、コンコルド広場、フチュイルリー庭園に

徒歩で行くことができる旅行者に便利なホテルです。

フランス旅行 4日

部屋は、デラックスルームで、35㎡あるみたいですが、広さを感じません。

フランス旅行 4日

デスクにフィリップスのテレビがあり、NHKの他もう1番組日本の番組が見ることができます。

フランス旅行 4日

ミニバーは、自動式で動かすと課金されるようでした。

フランス旅行 4日

バスルームは広めで、ゆったりしています。

フランス旅行 4日

シャワーは、ダブルヘッドで使いやすいものです。

フランス旅行 4日

アメニティーは、ホワイトティーシリーズですが、ここも歯ブラシやヘアーブラシはありませんでした。

この日は、移動で疲れたこともあり早めの就寝になってしまいました。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

フランス旅行 4日目 モンサンミッシェル編

2014. . 15
この日は、朝からモンサンミッシェルに向かいますので、早めの朝食です。

フランス旅行 4日

朝食は、パンの種類が多く、その他、ハム、チーズ、ヨーグルトなどがありました。

フランス旅行 4日

こんなかんじで頂きましたが、焼き立てのクロワッサンが美味しいものでした。

フランス旅行 4日

モンサンミッシェルに向かうバスの停留所です。

モンサンミッシェル島と陸をつなぐ橋(道路)は、全車両進入禁止となっています。

フランス旅行 4日

そのため島と対岸を結ぶ専用無料シャトルバスに乗って島内まで移動します。

フランス旅行 4日

朝日を浴びるモンサンミッシェルは、壮観です。

フランス旅行 4日

老舗レストラン「ラ・メール・プラール」です。

島に来る巡礼者のために名物になったオムレツを作ったプラールおばさんのレストランです。

フランス旅行 4日

グランド・リュ(門前町)の両側には、おみやげ店やレストランが並んでいます。

日本人観光者が多いので、レストランは日本語メニューの看板が見られます。

フランス旅行 4日

サン.ピエール礼拝堂の前にあるジャンヌダルクの像です。

ジャンヌダルクは大天使ミカエルの啓示を受けて故国フランスを救うべく100年戦争に参戦する事を

決意したと伝えられているそうです。

フランス旅行 4日

湾の干潟が見えます。

モンサンミッシェル

修道院付属教会ですので、ここが、見学できる最上部分になります。

モンサンミッシェル

10世紀の模型です。

966年に、ノルマンディー公リシャール1世がベネディクト会の修道院を島に建てただけだったようです。

モンサンミッシェル

11,12世紀には、本格的に修道院が立てられ始めています。

モンサンミッシェル

17,18世紀には、増改築され要塞化されています。

モンサンミッシェル

20世紀は、現在の姿になっています。

モンサンミッシェル

教会を見上げて頂上にある黄金のミカエル像です。

モンサンミッシェル

石造りの教会は、天井が高くて空間がとても広いです。

サンクチュアリの飾り窓の向こうにから光が入ってきてコントラストが綺麗です。

モンサンミッシェル

「ラ・メルヴェイユ(驚異)」と呼ばれる棟の真ん中に花壇があり(当時は薬草などが作られていました)、

そこを囲むように列柱廊があります。

まるで地上の平地の庭みたいですが、空中庭園です。

造られた13世紀初頭では、「祈りと瞑想の場」として、祝祭日に礼拝の行進が行われました。

重量を軽くするために、列柱の骨組みには木材が使われていて、船底のようになっていますが、

強度を保つために、船大工が造船技術を利用したものだそうです。

モンサンミッシェル

「オベール教の頭蓋骨に触れる大天使ミカエル」のレリーフです。

大天使ミカエルは指を差し出し、オベールの頭に触れ、穴を開け、

「モン・トンプの岩の上に教会を建てよ。」というお告げを忘れなくさせ

オベール司教は教会建築に挑むことになるレリーフです。

モンサンミッシェル

59の小窓から光が差し込む明るい部屋で、聖職者専用の食堂です。

身分制度に従い、聖職者は最上階、王侯貴族はその下の階、一般市民はさらにその下で食事をしました。

しかし、ベネディクト会は戒律が厳しいため、暖炉も少なく、王侯貴族の食堂に比べシンプルです。

モンサンミッシェル

聖職者の食堂の真下にある「迎賓の間」です。

巡礼にやってきた王や貴族たちを迎える部屋で、ゴシック最盛期の様式美がよく出ています。 

モンサンミッシェル

マドレーヌのステンドグラスです。

巡礼のシンボル、ホタテの貝殻が見えます。

モンサンミッシェル

ロマネスク建築の窓とは、対比すると違いがよくわかります。

モンサンミッシェル

マルティヌス礼拝堂です。

こちらも、とてもシンプルです。

モンサンミッシェル

聖ステファノ礼拝堂にある15世紀の悲しみの聖母像です。

キリストの首がないピエタになってしまっています。

モンサンミッシェル

聖ステファノ礼拝堂内14世紀初めの壁画です。
 
三人の使者が三人の若者に死の準備をしておけ、という寓話の一節を表現したものだそうです。

モンサンミッシェル

木でできた数メートルの大きな車輪があり、牢獄として使われた時代に囚人の労働に使われていたそうです。

ガイド付きの特権で、いろいろ説明していただきなんとなく理解した気になりました。

天気も良く、観光シーズンを外したことと、宿泊して朝早くから見学できたのでゆったりと見学できました。

唯一残念に思うことは、食いしん坊の自分には、潮風の味がする牧草で育った仔羊”プレサレ”が

食べられなかったことです。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

フランス旅行 3日目(2)

2014. . 14
フランス旅行 3日目

宿泊先は、モンサンミッシェルから車で5分ほどにあるポントルソンにある「Hôtel Ariane」です。

フランス旅行 3日目

ロビーは、奥は朝食会場も兼ねていて、横にバーがあります。

フランス旅行 3日目

部屋は、ツインでソファー兼エキスタラベッド、TV、デスクがあり、モダンで明るい雰囲気です。

フランス旅行 3日目

ベッドも固めで寝心地も悪くありません。

フランス旅行 3日目

バスルームは、清潔感があり、ハンドシャワータイプでバスタブもありますが、シャワカーテンがないので

少し使いづらい感じでした。

無料のWi-Fiの環境もよく、インターネットも快適に出来ました。

1時間ほど休憩して、夕食会場のレストランにバスで向かいます。

フランス旅行 3日目

モンサンミッシェル対岸にある「Le Relais Saint-Michel」で夕食になります。

店内は、広く開放的でモンサンミッシェル側は、全面ガラス張りで眺めながら食事ができるようになっています。

多くのツアーの食事会場になっているようでした。

フランス旅行 3日目

大きな窓から見える、ライトアップされたモンサンミッシェルです。

フランス旅行 3日目

前菜に名物のオムレツです。

ふわふわのオムレツで味はバターの風味を感じる程度でした。

フランス旅行 3日目

シードルも有名とのことで辛口のシードルを頂きます。

フランス旅行 3日目

スズキのムニエルは、ペシャメールソースの味がイマイチでしたが、スズキ自体は柔らかく、

食べやすいものでした。

フランス旅行 3日目

デザートという内容でしたが、メインはライトアップされたモンサンミッシェルですので、

窓際の席でゆったりと堪能できたので十分に満足できた食事でした。

↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。