スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手打 水車生そば

2016. . 02
山形県天童市にある「手打 水車生そば」に行ってきました。

手打 水車生そば

1861年創業の老舗そば屋で、鳥中華発祥の店でもあります。

手打 水車生そば

表には、新そばの看板もありました。

場所は、天童温泉街の中、天童市鎌田本町1-3-26

人気店のようで昼時を外して行きましたが、行列で15分ほど待って案内されました。

店内は、広く、テーブル、小上がりがあり、明るく活気のある雰囲気です。

注文は、名物の鳥中華に、新そばの看板があったのでもりそばもいただくことにしました。

手打 水車生そば

まずはじめにそば茶です。

そば茶を出されるとなんだか期待してしまいます。

手打 水車生そば

それほど待つこともなく、鳥中華が運ばれてきます。

鶏肉に、三つ葉、ねぎ、刻み海苔の具に、たっぷりの天かすです。

節系の香りの効いた甘めのそばつゆに、中太の縮れ麺は少し柔らかめの茹で加減で

もっちりした食感です。

生の鶏肉は、しっかりとした味わいでバランスも悪くないですが、

スープが温いぐらいで、個人的には熱々が良かったです。

それでもさっぱりとして、胡椒がアクセントになっていて、何気に天かすが良い

仕事をして深みを与えていました。

手打 水車生そば

板そばの元祖ともありましたが、流石に板そばまでは食べきれませんのでもりそばにしました。

北海道と山形のブレンドの蕎麦を水車と石臼による自家製粉にした田舎そばは

なかなかのインパクトがあります。

薬味は、刻みネギで沢庵ガ別についています。

手打 水車生そば

太打ちの田舎蕎麦は、挽きたてで新そばですので風味が良く、十割手打ちらしい

がっしりした歯ごたえで喉越しよりも噛んで甘味を感じる蕎麦です。

つゆは、濃い目で節系の出汁にコクがありますが、甘汁です。

田舎蕎麦ですので、どっぷりとつゆにつけて楽しむ感じです。

10割のわりには、ぼそぼそ感をかんじず、ダイレクトな味わいを楽しみました。

最後に蕎麦湯をいただいて店をあとにしましたが、その後も行列が絶えることのない

人気店でした。

将軍家に献上したという寒中挽き抜きそばを機会があれば食べてみたいです。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

有喜屋 京都ホテルオークラ店

2016. . 02
京都市にある「有喜屋 京都ホテルオークラ店」に行ってきました。

有喜屋

場所は、京都市中京区河原町御池角京都ホテルオークラ地下2階

宿泊先のホテルにあり、部屋においてあるチラシを見て、ランチでの訪問です。

有喜屋店主三嶋 吉晴氏は、平成25年春に「黄綬褒章」を受章され、

「国の現代の名工」に認定されているそうです。

店内は、京都らしいウナギ床のような造りで、テーブル席に小上りがあり和風の落ち着いた雰囲気です。

注文は、京野菜天と二八天ざるせっとにしました。

有喜屋

セットのそばは、大盛りになっていますが、しっかりとしたボリュームがあります。

薬味は、本わさに刻み葱、海苔が別盛りになっているのは嬉しい。

有喜屋

蕎麦は、北海道の幌加内そばを使った二八です。

灰白色した蕎麦は、細切りで角が立ち、風味もそこそこで、二八らしい歯切れと

のど越しはさすがの良さです。

ただ、つゆは、薄目で、出汁の風味はそこそこ感じられるが、甘目でそのままでも飲めるもので

自分には、合わないものでした。

有喜屋

天ぷらは、さっくりではなく、しっとりとした揚げ具合で、野菜の甘みも感じられるものです。

有喜屋

蕎麦湯は、そのままのもので、熱々で蕎麦の風味もほんのりと感じられ、

さっぱりといただけます。

接客は、可もなく不可もなくという感じでしたが、ゆったりと昼食を頂けました。

納豆が嫌いですが、次回行くことがあれば、名物の「有喜天そば」を食べようと思います。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
にほんブログ村

そば処一庵

2015. . 11
山形県天童市「そば処一庵」に行ってきました。

一庵

場所は、山形県天童市 一日町3丁目4−50

天童市の人気店で、12時過ぎにつきましたが、満席で外には行列ができていました。

蕎麦屋ですので、10分ほど待って席に案内されました。

店内は、カウンターにテーブル席、小上がりがあり、明るく活気がある雰囲気です。

注文は、名物の冷やし肉そばと二色板そばを注文しました。

一庵

冷やし肉そばは、田舎蕎麦に鶏肉、白ネギが乗ったものでボリュームがあります。

つゆは、中濃のかつをの風味があり、しっかりとした甘みがあります。

喉越しが良く、もっちりしたそばとの相性も良く、満足感を得られます。

一庵

二色板そばは、田舎蕎麦と中華麺の2種盛りでした。

つゆの他に、ゲソ、カボチャ、シシトウの天ぷらに、なめこの大根おろし和え、漬物が付きます。

てんぷらは、揚げたてでさっくりとして、げそ天が良い味を出していました。

一庵

想像と違う2色でしたが、中華麺は、軽く縮れた麺で、柔らか目ですが、もっちりとした食感で普通に

美味しいですが、甘めのつゆとの相性はいまいちという感じでした。

一庵

蕎麦は、のど越しの良く、やや柔らかめの食感ながら、噛み締めると蕎麦の風味もしっかり感じられます。

ただ甘めのつゆでいただくと、喉越しは増しますが風味が損なわれてしまう感じです。

やはり名物の冷やし肉そばのほうが一段美味しさが上な感じでした。

最後にそのまま蕎麦湯を頂いて店を後にしました。

価格が非常にリーズナブルで盛りも良いので人気があるのに納得なお店でした。

そば処 一庵そば(蕎麦) / 天童南駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

やぶそば 横浜そごう店

2015. . 23
「やぶそば 横浜そごう店」に行ってきました。

やぶそば

場所は、横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 10F

前日の夕食の折、同じ階にあるこちらを見つけいってみることにしました。

藪の正統「かんだやぶそば」で7年間修業をされた方がのれん分けされた杉並藪蕎麥の横浜そごう店です。

店内は、テーブル席に半個室席が奥に有り、蕎麦屋らしい落ち着いた雰囲気です。

注文は、家人が天とじ膳(1,680円税別)、自分は、せいろうそば(700円)に小天丼(600円)をオーダーしました。

やぶそば

天とじ膳は、天とじ丼にそば(温or冷)にサラダ、自家製そば羊羹が付いた御膳です。

やぶそば

やぶ独特の緑がかった蕎麦のせいろうに小天丼です。

薬味は、刻みネギに山葵です。

やぶそば

蕎麦は、細切りの二八で機械打ちです。

きっちりと水切りされた蕎麦は、蕎麦の香りがふーと鼻腔をくすぐるほどの穏やかさで、

喉越し抜群の蕎麦です。

汁は、藪らしい濃厚な辛口で、そばの水切りが良いので薄まらず江戸蕎麦らしい味わいを最後まで楽しめました。

やぶそば

小天丼は、種をタレにくぐらせるタイプです。

ご飯は、蕎麦の実、ひえ、あわ等12種類を使った薬膳を使っていますが、違和感はなく、

濃い目の丼タレも甘すぎず辛すぎずでちょうど良い塩梅でした。

やぶそば

最後に蕎麦湯を

そのままの蕎麦湯ですが、そばの風味が感じられさっぱりといただけます。

入るなり、「いらっしゃい~」と帰るときの「ありがと~うぞんじます」の声に江戸情緒も感じられ、

雰囲気サービスとも良く、気持ちの良い食事が出来ました。

やぶそばそば(蕎麦) / 横浜駅新高島駅神奈川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6




↓1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

室町 砂場

2014. . 21
東京にある「室町砂場」に行ってきました。

室町砂場

創業は、1869年(明治2年)の砂場系の老舗です。

久々の訪問で、神田駅から歩いて行きましたが、少し迷いましただどうにか到着しました。

場所は、東京都中央区日本橋室町4-1-13

店内は、テーブル席に小上がりが有り、別に2階もあり、老舗らしい落ち着いた雰囲気です。

室町砂場

運良く席は、坪庭のとなりのテーブル席でした。

室町砂場

東京は、北海道と違いもう初夏を思わせる陽気でしたのでとりあえずビールをいただきます。

ビールは、いつものようにサッポロを選び、蕎麦屋ですので1品が付きます。

つまみに、玉子焼きと穴子の天ぷらを注文します。

室町砂場

玉子焼きです。染みおろしが添えられています。

家人と半量づつ分けてくださいました。

出来立て熱々の玉子焼は、出汁が濃い目でふっくらした蕎麦屋らしい玉子焼で

口当たりに甘さがありビールが進みます。

室町砂場

穴子の天ぷら

穴子の他、大葉の天ぷらがついています。

旬には少し早いですが、さっくりと揚げられた穴子の天ぷらは、中がしっとりしているのに軽やかな味わいで

美味しくいただきました。

ビールも大瓶2本頂いたので、〆そばに、自分はやはり名物の天ざる、家人は三味そばにしました。

室町砂場

三味そばです。

以前はなかった蕎麦で新しいもの好きの家人らしい選択です。

本三葉・大根卸・海苔の冷たいかけで薬味にねぎと山葵が付いてきます。

室町砂場

天ざるです。

普通の天ぷらの盛り合わせと蕎麦のセットではなく、砂場の天ざるは、汁の中にかき揚げが入った状態で

運ばれてきます。

室町砂場は、「天ざる・天もり」発祥の店で、特に天ざるは看板メニューです。

室町砂場

砂場のもりとざるは、こちらも普通のもりに刻み海苔が乗ったざるではなく、

もりは、一番粉、ざるは、さらしな粉を使ったそばで特にざるはつなぎに玉子だけで打たれています。

ふんわりと盛られた細切りのそばは、もっちりした食感と心地良い歯応えで蕎麦の甘味がよく感じられ、

のど越しも心地良い。

室町砂場

芝えびと小柱のかき揚げとミツバを浮かべた温かいつゆ

かき揚げは、朝仕入れた海老と小柱を、大きさや形の揃った物のみをより分けられて作られる

贅沢なかき揚げです。

サクッとした食感を残したかき揚げと旨みが溶け込んでくる汁は、かつ小野田市の風味があり

濃口で甘みがあります。

そばに、たっぷりと付けていただくのも、なかなか美味しいバランスのある汁です。

室町砂場

老舗ですので、1枚の量は少ないので、「もり」のお代りを頼みます。

もりは、緑ががった細切りで、風味がありしっかりした歯切れで、こちらも喉越しが良いそばです。

どちらも美味しいですが、蕎麦そのものを味わうのなら、もりの方が好みな気がします。

室町砂場

最後に蕎麦湯をさっぱりといただきます。

老舗らしい雰囲気の中、ゆったりと食事を楽しみました。

室町砂場そば(蕎麦) / 新日本橋駅神田駅三越前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8




1日1回、ポチっとクリックよろしくです。いつも応援、ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。