スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェスティンホテル仙台(5)

2016. . 26
ウェスティンホテル仙台に宿泊しました。

今回は、3連泊での利用です。

今回は、30階のプレミアルーム(ビューバス)です。

部屋は、48m²の広さです。

ウェスティンホテル仙台

いつもながらヘブンリーベッドで寝心地よく快眠できました。

ウェスティンホテル仙台

デスク、Nespressoマシン、42インチテレビ等特に変わりありません。

ウェスティンホテル仙台

ゆったりとしたバスルームです。

ウェスティンホテル仙台

ゆったりと入れるバスで、カーテンを上げると高層階からの景色も見えます。

ウェスティンホテル仙台

アメニティーは、ウェスティン指定のホワイトティーシリーズで過不足なく揃っています。

ウェスティンホテル仙台

定番の1口の小菓子

ウェスティンホテル仙台

窓からの昼の景色です。

ウェスティンホテル仙台

夜の景色です。

ウェスティンホテル仙台

ラウンジにも1度行ってみました。

ティータイムからアルコール類が提供されるようになっていました。

ウェスティンホテル仙台

朝食は、26階のシンフォニーとラウンジでいただけます。

1日目は、サラダのみでいただきました。

ウェスティンホテル仙台

他は、和食でこんな感じでいただきました。

朝食は、悪くはないですが、コーヒーが美味しくないのは少し残念でした。

1年ぶりの滞在でしたが、覚えてくれているラウンジのスタッフもいるなど

ホスピタリティよく、気持ちの良い滞在ができました。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

京都ホテルオークラ

2016. . 29
「京都ホテルオークラ」に宿泊しました。

京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅と直結した旅行者には便利なホテルです。

京都ホテルオークラ

吹き抜けになっていて、廊下から吹き抜けを見下ろせば、真下に美しいステンドグラスのきらめきが目を引きます。

「源氏物語」をテーマにしてあり、紫の上賛歌と名づけられています。

京都ホテルオークラ

部屋は、11階のスタンダードツインです。

広さは、37㎡あり、割とゆったりしていてほぼ寝るだけには十分すぎるほどです。

京都ホテルオークラ

ベッドは、セミダブルほどで、硬さもちょうどよく寝心地も悪くなかったです。

京都ホテルオークラ

デスクです。無線LAN(Wi-Fi)接続は無料になっています。

京都ホテルオークラ

バスルームは、独立したシャワーブースがあり使い勝手が良いです。

京都ホテルオークラ

バスタブは、やや深めにできています。

京都ホテルオークラ

アメニティーは、1通りそろっていて、ヘアブラシは使いやすいものものでした。

京都ホテルオークラ

テーブルには、折り鶴と窓からの景観図が置かれていました。

京都ホテルオークラ

京都では珍しい高層ホテルで、窓からは、東山全体と悠々と流れる鴨川が一望できます。

京都ホテルオークラ

朝食は、17F トップラウンジ「オリゾンテ」の和洋ブッフェ、、B1F 中国料理「桃李」の中華バッフェ、、

7F京料理「入舟」の和定食の選択できました。

17Fの眺望も気になりましたが、やはり朝はゆったりと食事がしたいので「入舟」の和定食にしました。

おかゆと御飯、赤出汁と合わせ味噌が選択でき、おかゆと赤出汁を選択しました。

湯葉や京野菜を頂ける京都らしい朝食であわただしい1日の始まりの活力になりました。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
にほんブログ村

ウェスティンルスツリゾート

2016. . 14
「ウェスティンルスツリゾート」に宿泊しました。

ウェスティンルスツリゾート

場所は、北海道虻田郡留寿都村字泉川133番地

ルスツタワーに改修をして、6月8日にウェスティンにリブランドしたホテルです。

アサインされたのは、22階のトラディショナルファミリールームです。

ウェスティンルスツリゾート

入ってすぐ左がベッドルームになっています。

ヘブンリーベッドが3台並んでいます。

ウェスティンルスツリゾート

加湿機能付空気清浄機とBluetooth対応のスピーカーが備えられているのは良いです。

ウェスティンルスツリゾート

部屋はメゾネットタイプで階段を下りていくとリビングルームになっています。

ウェスティンルスツリゾート

トータルの広さは、108㎡ありゆったりとしています。

壁にもベットが2つあり、都合7台のベッドがあります。

ウェスティンルスツリゾート

リビングルームの横にも、ベッドルームがあり、2ベッドルームになっていました。

ウェスティンルスツリゾート

こちらは、デスクが有り、ベッドが2台置かれています。

ウェスティンルスツリゾート

シンクは、2台有り使い勝手が良いです。

ウェスティンルスツリゾート

バスルームは、浴槽式で洗い場があります。

ただ、温泉があるので使うことはありませんでした。

ウェスティンルスツリゾート

アメニティは、1通り揃っています。

ウェスティンルスツリゾート

ホワイトティーシリーズではなく、タイのエステで利用されている高級ブランド

「PANPURI」のTHAI JASMINE&MINTでした。

夕食は、ロビー階にあるアトリウムでバッフェです。

ウェスティンルスツリゾート

種類は、普通ですが、北海道らしく大きなタラバの足があり、身入りも良く美味しい。

ウェスティンルスツリゾート

海鮮の刺身など楽しみました。

ウェスティンルスツリゾート

ドリンクは、やはりリースリングで合わせてみました。

朝食は、ルスツ内のすべてのレストランを選べましたが、移動するのも億劫でしたので、

ウエスティン内にある日本料理「風花」で和食バッフェを楽しみました。

手巻き寿司コーナーなど、家族連れに喜ばれーそうな感じでした。

ウエスティンらしい接客でなかなか快適な滞在でした。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

キロロ トリビュートポートフォリオホテル(2)

2016. . 29
「キロロ トリビュートポートフォリオホテル」に宿泊しました。

今回は、家族での宿泊ですのでデラックスカルテットにアサインされました。

トリビュートポートフォリオホテル

部屋は、1102豪室で造りは前回と変わらない印象で、広さは84㎡あります。

トリビュートポートフォリオホテル

リビングルームだった部屋も、ベッドルームになっています。

トリビュートポートフォリオホテル

ダイニングボードの場所には、デスクがあり、マッサージチェアーはありません。

トリビュートポートフォリオホテル

部屋と部屋の中間部分に冷蔵庫とコーヒーメーカー等が置かれてあります。

トリビュートポートフォリオホテル

もう1つの部屋もツインルームです。

トリビュートポートフォリオホテル

ベッドの寝心地は、硬すぎず柔らかすぎずで良い感じです。

トリビュートポートフォリオホテル

こちらにも、シングルのソファーが2つでコネクティングルームのようになっています。

トリビュートポートフォリオホテル

バスルームのシンクは2つあり、使い勝手が良いです。

トリビュートポートフォリオホテル

バスルームは、シャワーブースが別に有りこちらも、前回のジャグジーバスより使いやすい

トリビュートポートフォリオホテル

シャワーの水圧も問題ありません。

トリビュートポートフォリオホテル

アメニティーは、普通のものです。

トリビュートポートフォリオホテル

ラウンジがない代わりに、ロビーラウンジが使えるようになっていって温泉上がりに生ビールが楽しめるのは嬉しい

トリビュートポートフォリオホテル

夕食は、2階のレストラン「POP(ポップ)」のバッフェにしました。

種類は豊富ではなく、普通のバッフェという感じですが、地産地消というイメージです。

トリビュートポートフォリオホテル

朝食も、2階のレストラン「POP(ポップ)」です。

息子たちは、バッフェで自分は、海鮮丼にしました。

トリビュートポートフォリオホテル

海鮮丼は、小鉢にデザートがつきます。

ドリンク類は、バッフェコーナーからとってくることができこちらの方が好みでした。

温泉にのんびり浸かりながら、久々の家族団らんでした。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ

シェラトン北海道キロロリゾート

2016. . 12
「シェラトン北海道キロロリゾート」に宿泊しました。

キロロリゾート

アサインされたのは、4階のコーナーにあるジュニアスイートです。

キロロリゾート

リノベーションが行われてまだ時間が経っていないので、綺麗でモダンな雰囲気です。

部屋は、60㎡あり、適度の広さという感じです。

マッサージチェアーが置かれてあります。

キロロリゾート

ベッドは、シェラトン・スイート・スリーパー・ベッドになっていて、寝心地も悪くありません。

キロロリゾート

リビングスペースです。モダンな窓からの日差しが気持ち良く、ゆったりと横になれるソファーの

寝心地も悪くありません。

キロロリゾート

シンクが2つあるのはありがたいです。

キロロリゾート

アメニティーは、シェラトンブランドで、普通に1通り揃っています。

キロロリゾート

バスルームは、深めのバスタブが備えられ、外で洗える浴室になっています。

バスに乗っての移動ですが、温泉もあり、2階には大浴場もあるので使いませんでした。

キロロリゾート

クラブラウンジもありますが、スキーシーズンではないため、ドリンクのみの提供になっていました。

ただ、大浴場から部屋に戻る途中にあるため、入浴後のビールを気持ちよく楽しめました。

プラチナメンバーは、リビエルージュでバータイムも楽しめます。

キロロリゾート

朝食は、リビエルージュでバッフェです。

ゆったりとして、窓の日差しが気持ち良いですが、種類的には普通という感じで、

こんな感じでいただきました。

スキーシーズンではないからか、スタッフが足りない感じもしましたが、のんびりと快適な滞在でした。

↓1日1クリックしてくれるとうれしいです。よろしくおねがいします↓

食べ歩き ブログランキングへ 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。